ぼうしネコとゆかいな仲間 (岩波少年文庫 (2146))

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : ヘルガ・ゲーベルト  若林 ひとみ 
  • 岩波書店 (1997年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001121469

ぼうしネコとゆかいな仲間 (岩波少年文庫 (2146))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは楽しい!!!  最初にさほど期待していなかった KiKi ですが、その期待(?)を見事に裏切ってくれました。  ドイツの童話ってどうしても「グリム」のイメージが強くて、こんな風にナンセンスで、こんな風に風刺の効いた物語を期待していなかっただけに、尚更楽しい物語だと思います。  訳者の若林さんもあとがきで仰っているように、「ドイツモノなのにどことなくイギリス風」というのが KiKi も大きく頷いちゃう感想です。

    「ぼうしネコ」本人(?)もかなり面白い、愛すべきキャラクターだと思うんだけど、それ以上に笑えるのがこの「ぼうしネコの家」に集まってきたあまりにも個性的な面々です。  で、この居住者たちが人間の大家さんを振り回している姿が何とも言えず滑稽なんですよね~。  よくもまあ、これだけ変な人たち(生き物たち・・・・と言うべきか?)が集まったものです。

    (全文はブログにて)

  • ほのぼのしてて、小さい子ならおもしろく読むかもしれないけど、わたしは別に何とも。途中でやめた。31 Oct 2006

全2件中 1 - 2件を表示

ぼうしネコとゆかいな仲間 (岩波少年文庫 (2146))のその他の作品

ぼうしネコとゆかいな仲間 単行本 ぼうしネコとゆかいな仲間 ジーモン・ルーゲ

ジーモン・ルーゲの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ぼうしネコとゆかいな仲間 (岩波少年文庫 (2146))に関連する談話室の質問

ぼうしネコとゆかいな仲間 (岩波少年文庫 (2146))はこんな本です

ぼうしネコとゆかいな仲間 (岩波少年文庫 (2146))を本棚に登録しているひと

ツイートする