スマイルショップ

  • 岩波書店
3.89
  • (5)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 118
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001126938

作品紹介・あらすじ

ああ、わくわくする。ぼくのはじめてのかいもの! なにをかおうかなあ——にぎやかな音や、あざやかな色、おいしそうなにおいのあふれる店先で、男の子は目をかがやかせます。ところが、とつぜんハプニングがおきて……。お金がなければ、なにもできない? いいえ、お金ではぜったいに買えない、すばらしいものがありますよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵が綺麗!おこづかいではじめてのお買い物。街にはいろいろなお店があるね。幼稚園年中の息子にはちょうどいいお話かな。

    おこづかいもらったら何を買いたい?「んー、おっきいくるま」大きいくるまは買えないかもね…「じゃあミュウツーのおにんぎょう」


    「途中ジャジャジャーとなるのが悲しかった、あーー!って言っちゃった」
    「いろんなひとが歩いてるページがおもしろかった」

  • お店に並んだパンや時計、おもちゃに本、色んな品物から息づかいをかんじます。もちろん行き交う人々も素敵なんです!

    自分でためたおこづかいで、はじめてのおかいもの。
    なかなか上手くいかないんだけども…
    この絵本のラストのように世界が笑顔で溢れる日がどうかやってきますように!と、願わずにはいられない、そんな絵本でした。

  • すてきな絵本。何を買おうか考えながらいろんなお店をうろうろしている楽しそうな場面。そこから一転、お金を落としてしまってすべてが灰色になってしまう。

    スマイルショップのお店の人が言う「スマイルはこうかんしたり、わけあうもの」 という言葉がいいな。

  • 描かれている人も街も、丁寧で、洗練されていて、大人の世界の雰囲気。でも、根底に流れるストーリーは笑顔の交換。笑顔っていちばん素朴で原始的な、万国共通の喜びの表現だものね♪

  • 画が繊細でとてもステキ♪
    初めてのお買い物用のお小遣いを落としてしまう。
    さて、好きな買い物はできるのかな⁈

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

絵 きたむらさとし
1956年東京生まれ。絵本作家、イラストレーターとして、65点以上の本を手がけ、作品はギリシャ語、トルコ語、スペイン語、フランス語、中国語、英語などに翻訳されている。『ぼくはおこった』(評論社)でマザーグース賞、『ふつうに学校にいくふつうの日』(小峰書店)で日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞。メキシコ、コロンビアなどラテンアメリカの国々でワークショップを行い、絶大な支持を得ている。

「2020年 『エルビス、こっちにおいで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きたむらさとしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
くすのき しげの...
鈴木 のりたけ
カリーヌ・シュリ...
ヨシタケ シンス...
かがくい ひろし
ヨシタケシンス...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケ
A.トルストイ
ヨシタケシンス...
トミー=アンゲラ...
ヨシタケ シンス...
加藤 休ミ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×