シャーロック・ホウムズ帰る (岩波少年文庫 3097)

制作 : 岩淵 慶造  林 克己 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001130973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • KiKi がシャーロック・ホウムズに初めて出会ったのは小学校中学年の頃でした。  ホウムズの物語でいわゆる「探偵もの」「推理もの」に目覚め、「怪盗ルパン」(断じてルパン三世ではない!)で嵌り、ポーの作品でさらにのめり込み、江戸川乱歩の作品を読み漁ったことを思い出します。  当時の KiKi は仲の良かった♂の友達と図書館に収蔵されているすべての「探偵もの」「推理もの」「怪奇もの」の読み比べ(読み競争とでも言うべきか)に夢中でした。  ところが・・・・・です。  あんなに一時期は燃えたはずのこれらの物語。  今となっては「タイトルは知っているし、読んだ記憶もあるんだけど、ハテ、どんな話だっけ??」というのが思い出せない・・・・・ ^^;  ま、このテのお話は読みながら自分の物にしながら考える・・・・というよりは、ひたすら与えられる情報で楽しむというスタンスで読んでいた証左なのかもしれませんが・・・・・。

    今回の読書でも辛うじて「まだらのひも」だけは「ああ、そうそう、こんな話だったっけ・・・・・」と再読した感があったんだけど、それ以外の物語はまるで初読のように新鮮でした。  と、同時に何となく「物足りなさ」みたいなものも感じてしまいました。  昔はものすご~くハラハラ・ドキドキしたように記憶しているんだけど(物語の筋は覚えていないけれど、読中の興奮した感覚だけは残っていたような、そんな感じ)、「あれ、この程度だったっけ???」というある種の肩透かしを食らったような気分でした。

    これって、それだけこういう類の物語に対する感受性が鈍ってしまったことによるのか、はたまた、子供時代にはこの程度の刺激でも十分すぎるほどに刺激的だったのが、今ではもっと刺激の強いものが巷に溢れているからなのか、定かではないのですが・・・・・ ^^;

    (全文はブログにて)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1859年スコットランド、エディンバラ生まれ。小説家。推理小説、歴史小説、SF、戯作など、多岐にわたる作品を残す。中でも「シャーロック・ホームズ」シリーズは、現代のミステリ作品の基礎を築いたとされる。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得る。1930年没。

「2018年 『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナン・ドイルの作品

ツイートする