日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134))

著者 : 水上勉
制作 : 司 修 
  • 岩波書店 (1995年11月8日発売)
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 31人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001131345

日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平安時代のはじめ、奈良にある薬師寺のお坊さん・景戒(きょうかい)が書いた仏教説話集で、原本116話から子供向けに厳選された41話が収録。すべての話に髑髏や鬼や黄泉の話、狐や牛、蟹も出てくるが、必ず「仏様への信心」が関わっている。

    その展開も含めて、当時の生活風景や考え方が見えるので、どこか異世界のようだった。学童たちが楽しんで読めるかどうかはさておき。

  • う~ん、なかなかビミョーな物語だなぁ・・・・・^^;  これを読んでいて最初に思ったこと。  それは「ああ、このビミョーな感じが KiKi に日本文学より英文学を選ばせた理由だったなぁ・・・・・」と。  まあ今にして思うとそれは日本文学 vs. 英文学という対比ではなくて、説教臭い物語 vs. ワクワク・ドキドキさせてくれる物語という対比なんですけどね。  編者の水上さんがあとがきでおっしゃっているように、この「日本霊異記」という物語は薬師寺のお坊様が仏教思想を民間に根付かせるために、日本各地に伝わる説話を収集してそれに説教をくっつけた物語という成り立ちであるがゆえに、どうしても説教臭くなっちゃうんですよね~。  で、その説教臭さが何となくうざったいんですよぉ ^^;  極論すれば、最後の数行がなければもっと楽しめる物語だと思うんですけどね~。

    さすがに奈良時代にあった各地の説話をベースにしているだけに、かの時代の日本人(一般人)がいかに貧しく、生と死が隣り合わせの世界に生きていたのかはヒシヒシと感じられます。  そしてそんな「生きること、生き抜くこと自体がある種の偶然であり、それが楽なことではないだけに、精神的支えが必要だった」という時代背景には改めて気がつかされます。  先日読んだ「チェーザレ 破壊の創造者」でチェーザレが堕落したキリスト教世界を嘆くセリフがあったけれど、それと大差ない世界がここにもあるなぁ・・・・と感じずにはいられません。  要するに現世での苦しみを救うための抜本的な解決法が提示されているわけではなく、前世・来世とか、死後の世界がどうしたこうしたという教え。  生きることが困難であっただけに「生き抜くためには何でもアリ」となりがちな人間を戒めるための教えという意味ではどんな宗教も似たり寄ったりだなぁ・・・・と。

    (全文はブログにて)

  • 2004年7月11日

全3件中 1 - 3件を表示

水上勉の作品

日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134))はこんな本です

ツイートする