星の王子さま (岩波少年文庫 (001))

制作 : サン=テグジュペリ  内藤 濯 
  • 岩波書店
3.99
  • (492)
  • (230)
  • (427)
  • (29)
  • (8)
本棚登録 : 2359
レビュー : 362
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度読んでも、ピンと来ないのです。
    そしてその度、私の感受性には何か大事な部品が欠けているのじゃないかと焦るのです。
    だって世界中が名作だと言っているのだもの。
    私も「星の王子さま」で人生変わったとか言ってみたいのだもの。
    おしゃれじゃないですか。
    でも何度読んでみても私の人生は一向に変わらず、おされでシックなカルチャー女子とは程遠いままなのです。
    いい加減、受け入れることにしよう。
    私は象を飲み込んだうわばみの絵を見せられても確実に帽子だと言う。
    わがままを言う薔薇なら、自分の手に傷を負っても引っこ抜いてしまうだろうし、死を待つ子供を、それが正しいとしても好きにさせず、彼を自分の壊れた飛行機に括り付けてエンジンを直すだろう。
    私には、この作品が全て比喩だということはわかっても、それが何の比喩であるのかが理解出来ない。
    だから心に響かない。
    年齢を重ねた結果、もうそれでいいじゃないか、泥の中を這いつくばる系文系女子で、と思えるようになったので、多分もうこの作品を読むことはないと思う。
    ……と言いながら、数年後にまたおされに憧れて手に取ってしまうのかも知れないけれど。

    文章(これもしょっちゅう鼻につきはするんだけど)の流れの良さと絵は好きなので、星二つ。

  • ”本当に大事なものは目には見えないんだよ”ってことを思い出したくてたまに読み返します。
     余談ですが、高速道路の寄居PA(上)は星の王子様がコンセプトになっています。壁画は全て挿絵になってるし、建物も全て星の王子様の世界になっています。星の王子様好きな方は1度行ってみるといいかも。

  • 『星の王子さま』は1943年にアメリカで発表された物語だ。著者のサン=テグジュペリは、戦火のただ中にあったフランスからニューヨークへと亡命中だった。そのため『星の王子さま』の成立には、サン=テグジュペリのフランス(とそこにいる友人)への個人的な思いが作用しているのは間違いない。

     けれどもそれは『星の王子さま』を『聖書』や『資本論』に並ぶ世界的ベストセラーとなった理由では決してない。サン=テグジュペリが何者かを知らない人も引きつけるような、別びなにかこそ『星の王子さま』が読まれる理由に違いない。そしてその理由の一つにはきっと「自分が自分であることの根拠」の問題があるんじゃないだろうか。
     自分はほかの誰でもなく自分である。そんなことは人から言われなくても百も承知。とはわかっていても、それでもふと不安になることはある。ここで働いている自分や、ここで恋人と過ごしている自分が、ほかの誰かだったらどうか。それでもきっと世間は困らない。自分は別に自分でなくてもいいのではないか――。

     物語の前半、カリカチュアされた大人たちに対するいわば“ツッコミ”としてゆるぎない地位にいる王子さまは、しかし7番目の星、地球を訪れた途端、「自分はほかの誰でもなく自分である」ことに対して自信を失ってしまう。
     具体的なきっかけは、生い茂るバラたちを見てしまったこと。王子さまは「ぼくは、この世に、たった一つという、めずらしい花を持っているつもりだった。ところが、じつは、あたり前のバラの花を、一つ持っているきりだった」とショックを受ける。

     自分は特別な一人ではなく、大勢のなかのありきたりの一人に過ぎない。自分が誰でもいい「取り替え可能な存在」であるという事実に王子さまは打ちのめされる。
     そんな王子さまを救うのはキツネだ。キツネはあの有名なセリフを王子さまにいう。
    「だけど、あんたが、おれを飼いならすと(略)あんたは、おれにとって、この世でたったひとりのひとになるし、おれは、あんたにとって、かけがえのないものになるんだよ……」
     人間は誰も「取り替え可能な存在」である。しかし、お互いと関係し合うことで「取り替え可能な存在」から「取り替え不可能な存在」へと変わることができる。キツネはこのような流れの中で王子さまと親しくなるのだ。

     ここで「飼いならす/飼いならされる」関係を築く理由が特に語られていないことは重要だ。これがもし「キツネがやさしいかったから」「王子さまがかわいかったから」となった途端に、「じゃあ。やさしければキツネでいのか」「かわいければ王子さまでなくてもいいのか」と、「取り替え不可能な理由」があっと言う間に「取り替え可能な理由」へとひっくり返ってしまう。
     だから人間が「取り替え不可能な存在」であることを確認するには、ただただ偶然に出会うことが必要なのだ。思えば王子さまにとってかけがえのないバラも「どこからか飛んできた種」が芽をふいた存在だった。

     と、ここまででも『星の王子さま』が今読んでもなお魅力的である理由の一端には触れていると思うのだが、この「取り替え不可能性」は飛行士の“ぼく”と王子さまの間で、さらにもう一段深く語り直されているのだ。

     『星の王子さま』の中で大人と子供の関係は特別な意味を持っている。

     『星の王子さま』といえば、レオン・ウェルトへの献辞にある「おとなは、だれも、子どもだった」というフレーズや、続く「“象を飲み込んだうわばみの絵”を理解しない大人」といったエピソードを思い出す人も多いだろう。そこから世間一般的には大人=不純、子供=純真という構図こそ『星の王子さま』の重要な“テーマ”として考えられている。

     そうした考えが広まった理由の一つには、岩波版の翻訳者、内藤濯があとがきに書いた「この物語を書いたサン=テグジュペリのねらいは、つまるところ、おとなというおとなに、かつての童心を取り戻させて、この世をもっと息苦しくなくしようとしたところにあるのでしょう。さもなければ、いつまでも子供ごころを失わずにいるおとなこそ、ほんとうのおとなであることを、子供にもおとなにも知らそうというところにあるのでしょう」という理念童心主義的内容も大いにあるだろう。

     だが、果たして本当にそうなのだろうか。泥を脅すように汚れを取り除いてやれば、大人は童心を取り戻すことができるのだろうか? ちょっと違うような気がする。
     むしろ大人と子供のあいだには、飛び越えることができない差があると考えたほうが実際には近いんじゃないだろうか。

     たとえば、社会の中で働いている大人は自分が「取り替え可能」だと自覚しているし、そもそも大人である以上「取り替え可能な存在」から降りてしまうことはできない。一方、子供はそういう自覚とは無縁だ。だから「取り替え不可能」な存在でいることができる。タンパク質が熱で変質してその構造を変えてしまうように、「取り替え可能」な大人と「取り替え不可能」子供の間には、根本的な変化が横たわっている。
     けれども、なのだ。

     けれども「取り替え可能」な大人のまま生きていることもまた寂しいことだ。たとえば大人になった“ぼく”は「親身になって話をするあいてが、まるきり見つからずに、ひとりきりで暮らし」、砂漠から生還しても自分にとって大事な王子さまのことは“友人”たちに明かすこともしない。そして自分が王子さまから教えてもらったことを「おとなたちには、だれにも、それがどんなにだいじなことか、けっしてわかりっこないでしょう」と呟くだけなのだ。

     『星の王子さま』の世界では、大人同士の“友情”は決して自分の「取り替え不可能性」を保証するものではない。だからこそ「取り替え可能」な大人は、子供の「取り替え不可能」を必要とするのである。そこで王子さまが必要となるのだ。

     それは、童心を取り戻すとか忘れないとかいうことではない。“ぼく”が王子さまと出会い、別れるということは、「取り替え可能な存在」である自分の不毛さに耐えるため、既に失われてしまった、自分の子供時代の「取り替え不可能性」を、仮初めに蘇らせるということにほかならないのだ。

     「象を飲み込んだうわばみの絵」を即座にそれと理解した王子さまは、子供時代の“ぼく”同一人物に違いない。だが子供時代の“僕”は“ぼく”が大人になるにつれて失われてしまった。王子さまは、“ぼく”に会う前にキツネと出会い「取り替え不可能な存在となる」というエピソードは、“子供時代のぼく”=王子さまの復活の儀式だったのだろう。こうして考えると原題が「星の」を欠いた「小さな王子さま」である意味も見えてくる。

     そしてついに“ぼく”の中に王子さまが蘇る。“僕”は王子さまをかけがえのない存在だと自覚して次のように語る。

    「まるで、こわれやすい宝を、手に持っているようでした。地球の上に、これよりこわれやすいものは、なにもないようにさえ、感じられるのでした」

     このこわれやすさこそ、今ここにいる王子さまが仮初めの存在であることを示している。そして“ぼく”は王子さまを灯火に例える。
    「ともし火は、大切にしましょう。風がさっと吹いてきたら、その火が消えるかもしれませんからね……」
     その灯火は、「取り替え可能」な人生という不毛を生きるための、消えやすいけれどもとても大切な灯火なのである。

     ここまできてようやく、冒頭の献辞の意味がよく理解できるようになったとは思わないだろうか。
    「そのおとなの人は、むかし、いちどは子どもだったのだから、わたしは、その子どもに、その本をささげたいと思う。おとなは、だれもはじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない)」
     これは純真さを取り戻せというイデオローグではなく、「取り替え可能」な人生を耐えながら歩むにあたっての支えの言葉なのだ。

     以上、「取り替え可能性/不可能性」を軸に読解してみたが、これらの要素が『星の王子さま』から読みとれることについては、やはり時代の背景を無視することはできない。サン=テグジュペリが生まれ、生きた20世紀前半という時代は人間を戦力・労働力といった“資源”のひとつとして見る見方が急激に普及した時代だった。さらにいうと、第二次世界大戦における、無名の兵士の大量死とユダヤ人弾圧も直接的な影響を及ぼしただろう。
     そしてこれら20世紀の枠組みの中で今なお、人々が生きている以上、『星の王子さま』もまた愛され続けるのだ。

    • ルーさん
      「取り替え可能性/不可能性」、すばらしい読みだと思います。いままで読んだどんな「星の王子様」評より好きです。
      「取り替え可能性/不可能性」、すばらしい読みだと思います。いままで読んだどんな「星の王子様」評より好きです。
      2011/12/29
    • fujitsuryotaさん
      ルー様 ご無沙汰してます。これ実は書評講座以前に斎藤美奈子さんの講座に3カ月だけ通った時のものなのでした。
      ルー様 ご無沙汰してます。これ実は書評講座以前に斎藤美奈子さんの講座に3カ月だけ通った時のものなのでした。
      2011/12/29
  • 幼いころ読んだときは、ミステリアスな感じで理解ができなかったのですが、大人になった今読み返せば、大切なメッセージを多々含む本だと感じます。読めば読むほど良い、するめのような本。

  • 初めて読むときは難しい部分もあるけれど、繰り返し読むうちにふっと心に落ちるようになります。有名なタイトルだけれど読んだことのない人も多いと思うので、ぜひこの機会にどうぞ★
    熊本学園大学:(まい)

  • 5年程前に購入したまま放置していました。もっと早く読めば良かった。渡り鳥を見習って旅に出た王子さまと、飛行機を砂漠へ墜落させて遭難してしまった主人公のお話。地球へ来るまでの星で印象に残ったのは実業屋の星かな。きつねの台詞も好きですが、王子さまがお別れの時に主人公へ語る場面がお気に入り。薔薇は王子さまと再会した後、以前と同じように我が儘を言ってそうだな。でも以前と変わって我が儘の後は王子さまに不器用ながら謝り、王子さまは笑って許してたりして…。そんな日常を送ってそうだな〜。優しさ溢れる物語でした。

  • いちばんたいせつなことは、目に見えない。

    日々の忙しさとかで、つい忘れてしまいがちな大切なコトを思い出させてくれる(言葉とかではなく、ココロに直接ささる感じ。)本で、読み始めから泣いてばかりだった。

    ココロが疲れた時、悲しいコトがあった時とかにも、きっとココロを癒してくれる本だと思う。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ココロに直接ささる感じ」
      だから、心に残るのでしょうね、、、
      「ココロに直接ささる感じ」
      だから、心に残るのでしょうね、、、
      2014/03/26
  • 幼い頃父から貰った一冊です。
    大人になった今でも、心を整理したい時に本棚から出して来て読みます。
    星の王子様は私にとってバイブルみたいなものです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「心を整理したい時に」
      とっても良い読み方をされているんですね。。。私も見習わなきゃ!
      「心を整理したい時に」
      とっても良い読み方をされているんですね。。。私も見習わなきゃ!
      2013/05/11
    • Bickyさん
      >nyancomaruさん

      素敵なコメントありがとうございます。
      nyancomaruさんは随分難しい本ばかり読まれていますね。私...
      >nyancomaruさん

      素敵なコメントありがとうございます。
      nyancomaruさんは随分難しい本ばかり読まれていますね。私に理解出来るかわかりませんが
      参考にさせて貰います♪



      2013/05/21
  • 十数年前に読んだ時はさっぱり響かなくて、単なる空想ばなし?にしか思えなかった。

    でも十数年経って読んでみると、なんて色とりどりな世界観なんだろうと思えた。

    純粋な恋愛ものにも熱い友情ものにもなる。単なる空想ばなしではない。

    それが分かる分だけ大人になれたのかな?

  • 「読書が趣味」と公言するなら当然読んでなくてはいけない本をけっこうスルーしている私。というワケでいまさら読んでみた。
    大人になってしまったけど、この本の素晴らしさは理解できる…多分。ああでも、小学生の内に読んでおきたかった。大人はバラやバオバブの木が何を暗喩してるのか、いちいち理解しようとするからいけませんね。
    生きる上で忘れてはいけない大切なことを純度100%、まじりっけなしのまま、ぎゅうっと結晶化したような本です。

  • 大切な本です
    いつまでも読み続けたい一冊

  • 何回読んでもいいなあと思う本。

  • 一番初めに読んだ星の王子さまが内藤濯訳でした。
    くせはやっぱりあるけれど内藤さんの訳が好きです。

    とくに「ひまつぶし」という訳が一見無粋にみえますが好き。

    内藤濯さんの訳が良くて、縦書きがよかったのでこちらを買いました。

  • あるおとなの人にささげたというこの本には、
    「そのおとなの人は、むかし、いちどは子どもだったのだから・・
    中略・・しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。」
    ということばがそえられている・・
    訳本だからか、もともとなのか、作者の空想が素晴らしすぎて、
    ことばのやりとりが理解できないところもありますが、
    ところどころに素敵なことばが、ちりばめられていて・・
    「そうだよ、家でも星でも砂漠でも、その美しいところは、目にみえないのさ」
    「たいせつなことはね、目にみえないんだよ・・」
    「花だっておんなじだよ。もし、きみが、どこかの星にある花が好きだったら、夜、空をみあげるたのしさったらないよ。どの星も、みんな、花でいっぱいだからねえ」
    この調子で、水のことも、音楽をきくようだったね・・・と・・
    訳者あとがきにある・・「いつまでも子供ごころを失わずにいるおとなこそ、ほんとうのおとなであることを、子供にもおとなにも知らそうとしたところにあるのでしょう・・」
    たくさんのことばがありますが、「子供ごころのあどけなさを失わずにいる人は、それだけ物事を見る眼にこだわりがないはずです。」
    が、相変わらず、ガツンと・・!!

  • 目に見えないたいせつなものに思いを馳せることができる大人になりたい。

  • 大人になって読んだ。今だから気づくのか、こんな重要な本を読んでこなかったことに驚愕。
    「見えていること」だけに目を奪われない、背後の真実にまで想いを巡らす。何かが美しく感じるのは、美しくしている何かを隠しているから、ということ。
    この本の背後にあるもの、美しく感じさせるものは何だろう。

  • 〝世界でもっとも読まれている本〟??を恥ずかしながら初読。なつかしき岩波少年文庫版を手に取る。「読書せよ」とうるさかった父に与えられて何冊も読んだ記憶があるが、文庫番号001(!)の『星の王子さま』は、父の好みではなかったのだろうか。並製の文字どおりのペーパーバックの時代に、『三國志』や『水滸伝』、『指輪物語』などを読んだ記憶が蘇る。

    お話しは「成長と共に失ってしまう子供のこころの大切さ」を寓話仕立てで連ならせる、ということだが、翻訳によるものなのか、どうもぎごちなさというか、無理矢理さのような、大人による子供目線の物語、という位置を脱却していないように感じた。

    自分は子供だって無垢さを武器にしたしたたかさを持ち合わせている、と直感的に感じているからか、こうまで子供心を持ち上げることに、どうも抵抗を覚えてしまう。

    子供を良い、と思うのは、大人がだめだ、と思うことの裏返しなのでしょう、どうも虚しさを感じてしまう。

  • いちばんたいせつなことは、目に見えない。
    最近ある人に、表面だけ見てちゃいけないよ、と言われたけど、私は心の目で物事をみることができていなかったのかもしれない。
    生きて行く上で大切なことを思い出させてくれた一冊でした。

  • 急によみたくなって、思わず買って読んでしまった。
    初めて読んだのは確か、小学校高学年のころ。
    とても有名で、良い本だと聞いてたけど、ちっとも面白くなくてがっかりしたのを覚えている。
    次に読んだのは、大学卒業のころ。
    箱根・星の王子さまミュージアムに行ったのをきっかけに、ちゃんと内容を覚えていなかったから読み返してみた。
    1つの童話にさまざまな皮肉やメッセージが込められているのがわかって、印象がガラッと変わったことに驚いた。
    そして、3度目。
    忘れていたことや、新しく感じることもあったり。
    ある種、聖書的な感じもする、読むたびに響く言葉が違う本。
    きっとまた、もう1度読み返したくなるだろうな。

  • 「たいせつなことはね、目にみえないんだよ」

  • 覚えてないけど好きだった。また読みたいな

  • 共同通信「本の世界へようこそ」が好きです。
    担当の田村文さんのレビューが気になって
    再読しました。
    「無人島に持っていく本」
    そんなタイトルが目を引きました。

    偶然(?)にも文藝春秋BOOKSにて
    小川糸さんも…
    「私が無人島にこの本を持っていく理由」
    とあります。

    田村文さんは2019年の9/16。
    小川糸さんは2019年の6/4。
    おっと、まさかのニアミス(?)ですか。



    私の初読は学生のとき。
    おそらく23~24歳だと記憶しています。

    それなりに純粋なつもりで
    本当のことを見つける視点を
    手に入れるために
    読んでいたんじゃないでしょうか。

    大人の威張りくさってる
    世の中はどうなっとんねん
    おれは審美眼を磨いて
    友人や恋人と友愛を育んで
    そこから周囲を幸せにしてやる
    そうだ、そもそも、
    おれが要領悪いのは本物志向が強くて
    いちいち意義や価値を定めて
    大人の事情を慮らないからだ!

    おお、恥ずかしい!
    今ではそう思いますが
    それくらいの心の声を持っていました。
    読書は自分に引きつけて行うと
    おもしろいものですね。



    それなりに世間に揉まれて
    それなりには空気も読むようになり
    それでも直情的な性向を変えられず
    素直というより幼児性を残しながら
    妻子と暮らす会社員をしています。

    友情や愛情を意識こそしましたが
    今回は世の中のしくみ、
    生命の存在や価値
    死ぬことばかり考えました。

    生きることってどうしてこんなに
    めんどうくさいのだろう
    思うようにならなさずる
    この足かせを楽しめる余裕なんてないって
    でもこの子は真っ当に育てたい
    でもおれは死んじゃうしなあ
    その価値づけをどうしてもらうのか
    それは今のおれの生き方次第だなあ。

    そんな関係ないことばかり考えました。



    初めて読んだのは大学生のときだから
    仮に2005年としておきます

  • みんなが好きな本を読めない程度に心が捻れていて、本棚で埃をかぶっていた 2003 年新版 5 刷を取り出したのは安冨先生の功徳です。ナムナム。安冨先生の読みを途中まで進めてからだったので「そうとしか読めない」のはいいんだか悪いんだか。性悪女のバラに心を縛られた王子さま。なるほど。自分は「羊」の機能が面白いと思いました。「帽子」と同じ構造の絵なんだよね。羊が主役では(2019-08-20)

  • すごく昔に読んだ気がしたのだけど内容よく覚えてないので読み直してみた。
    挿絵は見たことある気がするけど終盤の展開全く覚えてなかったので実は読んだことなかったのかもしれない。

  • 昨年最後に読み終えた本。

    と言っても、ずっと娘の寝る前の読み聞かせに読んでいて、大みそか、発熱してしまった娘に読んで読み終わった。

    年長の娘にはまだちょっと難しかったと思うが、一応寝る前には、「『星の王子さま』読んで」と言ってくれていた。

    何度も読み直さないとわからないかな、大人も。

  • 【再読】

    初めてきちんと読んだのは中学生の時。授業で使うからと半ば強制的に読まされた(読むのは好きだから良かったけど)。その時は言葉の裏側を探って「きっとこういう答えが欲しいんだろうな…」というのを考えながら読んでいたから、あまり良い読書ではなかったかも。
    とは言え改めて読んでみても、やはり何か教訓のようなものを見つけようとしてしまう。。大事な言葉はたくさんある、でもそれらを自分の生き方に取り込むことはできなさそう。王子さまがいろんな星で出会った大人たちのことを、変だな、とか変わってるな、とかそんな風には思えないから…。
    大切なことは何か、それが分かっていても、そこから進んでいくのは難しい。

  • 中古購入

    Box 1

  • 王子様は自分の星を探すために、いろんな植物に話しかけるんだけど、それがいいなぁと思った。

  • 「僕は僕のバラに責任がある」とはどういう意味か、と問われて答えられなかったので再読。再読したがどういうことなのかはわかってない。

全362件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ。1900年6月29日、フランスのリヨン生まれ。
幼少の頃より飛行士に憧れてその職につく。飛行士と兼業して、飛行士の体験をもとに『南方郵便機』、『夜間飛行』などを発表。
第二次世界大戦中、亡命先のニューヨークにて『星の王子さま』を執筆し、1943年に出版。同年軍に復帰し、翌1944年7月31日地中海コルシカ島から偵察飛行に飛び立ったまま、消息を絶つ。
その行方は永らく不明とされていたが、1998年地中海のマルセイユ沖にあるリュウ島近くの海域でサン=テグジュペリのブレスレットが発見される。飛行機の残骸も確認されて2003年に引き上げられ、サン=テグジュペリの搭乗機であると最終確認された。

星の王子さま (岩波少年文庫 (001))のその他の作品

星の王子さま (岩波 世界児童文学集)の詳細を見る 単行本 星の王子さま (岩波 世界児童文学集) サン=テグジュペリ
星の王子さま (岩波少年文庫 (2010)) 単行本 星の王子さま (岩波少年文庫 (2010)) サン=テグジュペリ
星の王子さま (岩波の愛蔵版 1) 単行本 星の王子さま (岩波の愛蔵版 1) サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリの作品

星の王子さま (岩波少年文庫 (001))を本棚に登録しているひと

ツイートする