風の又三郎 (岩波少年文庫(011))

著者 : 宮沢賢治
  • 岩波書店 (2000年11月17日発売)
3.55
  • (6)
  • (5)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140118

風の又三郎 (岩波少年文庫(011))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 風を感じたね。
    賢治さんのあたりでは、こんなふうに風が吹くのかな。

  • 少年と村の子供たちとの心象風景を

    現実と幻想の交錯として描いた秀作の物語です。



    どっどど どどうど どどうど どどう

    青いくるみも吹きとばせ  すっぱいかりんも吹きとばせ


    ある風の強い日…

    谷川の岸の小さな小学校に、不思議な少年が転校して来ました。

    地元の子供たちに少年は、「風の神の子 ではないか?」

    という疑念とともに受け入れられたのでした。

    さまざまな刺激的行動の末に、学校を去っていきました。


    どっどど どどうど どどうど どどう

    風は まだやまず、窓ガラスは雨つぶのために曇りながら、
      
    また がたがた鳴りました。

  • vol.14で参考にしています。といいましてもとある部分だけです。
    宮沢賢治の作品は正直あまり好きではありません。なぜだか心が辛くなるからです。けれど、宮沢賢治の選ぶ言葉はとても好きです。「風の又三郎」という名前を聞いただけで「又三郎」を想像してしまいます。初めて聞いたとき、又三郎はオジサンだとばかり思っていました。そのオジサンが風を呼び、嵐を呼び、グワッハッハハハハと高笑いして空を飛んでいく想像をしていました。
    原作を読んだときのショックは今でも忘れません。

  • 名作です。

  • 彼は何者なのかとか、深いところまではわからなかったけども、昔の少年たちの生活がなんだか楽しかった。

  • 彼は何者だったのだろうね。

全7件中 1 - 7件を表示

宮沢賢治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

風の又三郎 (岩波少年文庫(011))はこんな本です

ツイートする