長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

  • 岩波書店
3.89
  • (115)
  • (67)
  • (130)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 978
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140149

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学生の頃に読んだ以来。
    ストーリーを完全に忘れてしまっていたので新鮮だった。大人目線で見ると「大変な子供だな‥」と思ってしまうのは自分が子供の無邪気さを忘れたからだろうな。

  • ピッピシリーズも大好きだった。
    独りで自由気ままに暮らすピッピの生活はお隣さんと一緒になって憧れてました。
    お話に出てくるお菓子やピッピの作る料理がとても美味しそうでわくわくしながら読んでました。

  • 学校で借りました。
    読んでいるうちに話しの中に入れました。
    今3年生だけど、長い話しが好きな人は、
    2年生ぐらいから読めそうです。
    4から6年生でもいいと思います。
    ほとんどの話しが、ピッピすごいって思いました。

  • 今やってるドラマ 『明日、ママがいない』
    にリンクする気がする。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      ふ~ん、、、ドラマは見ないのですが、何だか寸足らずなタイトルですね。。。「明日、ママがいない」
      ふ~ん、、、ドラマは見ないのですが、何だか寸足らずなタイトルですね。。。「明日、ママがいない」
      2014/03/05
  • 泥棒がきたのに、泥棒と遊んでしまうなんてすごくおもしろかった。こんな女の子と友達になりたい。こんな子がクラスにいたら
    学校が楽しいのにな。

  • 小さい頃から大好きな物語。
    映画をよく見てたけど、本もわくわく感は変わらない。
    訳の日本語が古めかしい所もなんだか楽しい!
    大人なって見ると、ピッピの強いんだけどやっぱり寂しくて暴れちゃう所がかわいいと思った♡

  • とにかくピッピに憧れた!ボーイッシュで明るくて自由人。
    一人で暮らしているのに怖がらない。
    子どもの頃,服装までマネして,
    ハイソックスをひざ上まで伸ばし,
    おさげ髪に麦わら帽子で,
    ピッピを気どって自分を元気にしていた。

    女の子という型を破った,少年のような清々しさ。
    ONEPIECEのルフィーみたい。

    こういう女の子,いいなぁ~
    懐かしい一冊。

  • 自由な発想と抜群の身体能力、既成概念や常識を打ち壊してくピッピは「世界一強い女の子」。ピッピの破天荒な振る舞いは、痛快で楽しく読めると思います。そのなかで、ぶれない自分の価値観をもって行動するということの自由さを感じ取ってほしいです。社会においては枠にはめられ、社会に従うことが求められますが、自分の軸をもつことの大切さが学べると思います。

  • はつらつとしたピッピが元気を与えてくれる作品だと思う。

  • 息子が小学1〜2年生にかけて、何度も読んで!とハマった本。お話の世界に引き込まれてゲラゲラ笑う息子の反応に驚いた。
    私は子供の頃この本を叔母にプレゼントされて「ピッピみたいにのびのびやれってか!?理想の子供像を押し付けないでよ!」と、数ページで読むのをやめた本でしたが、息子と一緒にピッピの破天荒ぶりにざまあみやがれとばかりに大笑いして、この本の良さに出会えた次第です。

全105件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1907年‐2002年。スウェーデンに生まれる。1944年『ブリット‐マリはただいま幸せ』(徳間書店)で、出版社主催の少女小説コンテストの二等賞を得て、デビュー。以後、児童書の編集者として働きながら数多くの作品を発表しつづけた。1958年には国際アンデルセン賞を受賞。「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「名探偵カッレくん」のシリーズや、『ミオよ わたしのミオ』(岩波書店)など、世界中で今も愛されている数々の物語を生み出し、「子どもの本の女王」と呼ばれた。

「2018年 『長くつ下のピッピの本 決定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アストリッド・リンドグレーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三島由紀夫
アクセル ハッケ
有効な右矢印 無効な右矢印

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×