ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫 (025))

制作 : 井伏 鱒二 
  • 岩波書店
3.52
  • (12)
  • (13)
  • (43)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドリトル先生が作る動物園は、人間が動物たちを見るためのものではなく、動物たちが幸せに暮らす楽園のこと。
    「ネズミ・クラブ」「ウサギ・アパート」「雑種犬ホーム」「アナグマ宿屋」「キツネ集会所」「リス・ホテル」
    ドリトル先生の家の敷地の奥に、動物たちのために作られた動物園。

    治療に研究に執筆にと多忙を極めるドリトル先生は、実際の動物園事業は、副園長のトミー・スタビンズ少年にお任せです。
    なので、実は今回ドリトル先生が活躍するシーンは少ないのです。

    しかし、日替わりで語られるネズミたちの物語はどれも面白い。
    冒険の中に漂う哀切。
    これはもしかしたら、ドリトル先生が出ない方が面白いシリーズになるのでは?

    なんて思いはじめた時、様相は一変する。
    まさかのミステリに。
    悪人と名探偵。
    ドリトル先生大ピンチ。

    ああ、面白かった。

  • 読み聞かせ中。お金は天下の回りモノ、という哲学はシリーズ一貫しています。

  • オウムのポリネシアに何を書こうか相談するトミー。
    肉を買ってきてと頼むアヒルのダブダブ。
    犬のジップの道案内。
    ネコ肉屋のマシューマグ。
    食べ物の詩を暗唱する豚のガブガブ。

    新しい動物園が始まります。

  • ドリトル先生物語の第5作目。
    ドリトル先生とその仲間たちが動物の国でくりひろげる話。トミーがみんなの仲間として認められているのがうらやましかった。

  • 上質の人情小説
    そして
    上質のミステリー
    そして
    上質の生き物賛歌
    です

  • 2010年10月27日 夫からのプレゼント。

  • ドリトル先生の動物園はオリのない動物園。

  • 「動物園」といっても、人間に見せるための動物園ではなく、ネズミや雑種の犬、ウサギたちが平和に暮らせる楽園-ドリトル先生はそんな「動物の町」を作ることにします。

  • 岩波書店

    ドリトル先生?

  • 動物たちによる、動物たちの為の、動物園。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1886~1947年。アイルランド人の母を持つ、イギリス生まれのアメリカの児童小説家。代表作は、この「ドリトル先生」シリーズ。2作目『ドリトル先生航海記』で、ニューベリー賞を受賞。

「2017年 『新訳ドリトル先生シリーズ全14巻セット 番外編『ガブガブの本』と日本初公開の短編もふくむ完全版 豪華BOX入り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫 (025))のその他の作品

ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫) Kindle版 ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫) ヒュー・ロフティング

ヒュー・ロフティングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫 (025))を本棚に登録しているひと

ツイートする