ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

制作 : Hugh Lofting  井伏 鱒二 
  • 岩波書店
3.59
  • (14)
  • (10)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は、ドリトル先生の帰りを待ちながら奮闘するトミー・スタビンズくんの話。
    動物たちを養い、畑や庭の手入れをし、けがや病気の動物の診察をする。
    先生が帰ってきたら、何にお金が必要になるかわからないからと、稼いだお金を節約して貯金に回すんだよ。
    ドリトル先生より生活力あると思うわ。

    そして、先生が帰ってきた後半。
    動物たちを養い、畑や庭の手入れをし、けがや病気の動物の診察をする。
    そのうえ、月での出来事を本に書き記したいと強く願っている先生。
    時間がいくつあっても足りはしない。

    そこで、執筆の時間を捻出するために、トミー・スタビンズくんに仕事を任せ、さらにゆっくり執筆するために考えた作戦が、『牢屋に入る』
    人がいいなんてもんじゃないドリトル先生が、牢屋に入るためにさんざん苦労した挙句、予定の半分の帰還で強制的に出所させられてしまうあたりが可笑しくって。

    しかし、善意の妨害にもめげず、不老不死の研究に余念がない先生の後ろ姿は、少し物悲しいような気もしてくるのである。
    だって見果てぬ夢だと、先生以外は思っているのだから。

  • ドリトル先生物語の9作目
    月シリーズのなかで、いよいよドリトル先生が帰ってくる。
    動物たちとの生活の中で、トミーの役割が重要になっている。自然とドリトル先生のファミリーになくてはならない人物になっているのがうらやましかった。
    それにしても、バンボがいなくなったのはさびしい!

  • 現代の科学に照らし合わせるとちょっとアレな内容だけれど、理想郷を月にもっていくあたり、ロフティングも地球の社会に失望色を強くしていたのであろうか。ドリトル先生がどのように人生の終末を迎えたのか、気になるところ。(2009-03-15)(2009-05-15)

  • 巨大な月のバッタに乗ってやっと帰ってきた先生は、巨人になっていた。

  • 月へ行ったきりのドリトル先生の帰りを待ちわびていた動物たちは、月蝕の晩、ついに月からの合図を見つけます。ところが、巨大なバッタにのって帰ってきた先生は、なんと6メートル近い巨人になっていました

  • 岩波書店

    ドリトル先生?

  • 月三部作の三。もうこれで生きているうちには会えないだろう、それが判っている別れというのがどれぐらいつらいことなのか、初めて読んだ頃には知りませんでした。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1886~1947年。アイルランド人の母を持つ、イギリス生まれのアメリカの児童小説家。代表作は、この「ドリトル先生」シリーズ。2作目『ドリトル先生航海記』で、ニューベリー賞を受賞。

「2017年 『新訳ドリトル先生シリーズ全14巻セット 番外編『ガブガブの本』と日本初公開の短編もふくむ完全版 豪華BOX入り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)のその他の作品

ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫) Kindle版 ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫) ヒュー・ロフティング
ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫 1029)の詳細を見る 単行本 ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫 1029) ヒュー・ロフティング

ヒュー・ロフティングの作品

ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)を本棚に登録しているひと

ツイートする