トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))

制作 : スーザン・アインツィヒ  Philippa Pearce  高杉 一郎 
  • 岩波書店 (2000年6月16日発売)
3.94
  • (164)
  • (110)
  • (167)
  • (7)
  • (3)
  • 本棚登録 :1148
  • レビュー :148
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140415

トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファンタジーの世界では、現実の世界から異界へ通じる秘密の抜け道と仕掛けが必要です。ナルニア国に通じる不思議なクローゼット、千と千尋の湯屋に通じる不思議なトンネル、ファンタージェンに導くあかがね色の古本。

    本書の登場人物トムもまた、古いお屋敷の裏庭に通じる扉と13時?を告げる古時計に導かれ、不思議な世界に入りこんでいきます。

    楽しみにしていた夏休み、弟ピーターの病気で家族と離れ、親戚の古いアパートで過ごすことになったトム。トムの迷い込んだ裏庭は夢か現か、世界が静かに眠っているいるはずの時間に広がる世界は、春の柔らかな陽射しに、木々が緑に芽吹き花咲く季節でもあり、真綿のようなまっしろな雪で覆われた冬の冷たい世界でもありました。

    あるはずのない不思議な裏庭で出会った少女ハティ。この世界でトムに気づくのは動物たちとハティだけ。小さな冒険を繰り広げながら、夢の世界を旅するトムですが会うたびごとに大人になっていくハティと、いつまでも子供のままの自分に、やがて夢の世界と自分の世界をつなぐ秘密に気づいていきます。

    夢は自在に時と空間、自分と他人を飛び越えていく。夢の世界を通じて自分の心の奥底を覗き込んでいるのなら、トムが真夜中に旅する世界はトムの夢なのか、だれかの夢なのか。

    河合隼雄、小川洋子の著作の中でも取り上げられた本書、こどもの頃に出会えたらよかったなあ、残念。

  • 読むべき名作選にリストアップされており、自宅にあったので読破しました。
    まず、ピーターとトムのほのぼのとした兄弟愛がいいですね。トムとの約束ごとを忠実性に守る弟が可愛い。
    最後に再会するハティとトムの様子に涙してしまいました。良かったね、ハティ。
    子どものころに読みたかったです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「最後に再会するハティとトムの様子に」
      素晴しいですよね!
      2013/07/05
  • カテゴリは、間違いなくロマンスです。
    始まりから、ラストまでは、
    ファンタジーに続いていくのだけど、
    ラストには 時空も年齢も立場もリアルも超えた
    これまで見たこともない素敵なロマンスが あった。

  • 『時の旅人』、『トムは真夜中の庭で』、『黒ねこの王子カーボネル』。

    これは、先日、ネット上の本読み友達に、
    岩波少年文庫の中から選ぶのなら個人的にオススメだと言われた3冊。

    その人の好みだとしたら好みが似ている、
    私が好きそうだと薦められたのだとしたら、コワイと思った。

    結果としては両方で、どうやら好みが似ていて、
    しかも、コワイ友達を持ってしまったようである。

    その人には、この3冊から連想された本を紹介し、好評だったので、
    当てられてばかりの悔しさは少し薄れた感じではあるのだが。

    薦められたとき、黒ねこは未読で、あとの2冊は既読だった。

    『時の旅人』は、小学校高学年か中学生の頃に読んでおり、
    本書は大学院生時代に読んでいる。

    私が所属していた大学は、かつてその地域に
    公共図書館がなかった頃に公開図書室の役割を担っており、
    公共図書館ができて公開されなくなってからも、
    当時の蔵書とスペースが大学図書館の中に残っていていたのである。

    そのため、趣味と専門を兼ねて
    大学3年生以降に出会った児童書や絵本も多く、
    本書もそのひとつなのである。

    この3冊を含め、自分が好んで読んだ児童書は、
    時空間を旅するものが多いようだ。

    そして、時空間を旅する主人公、あるいは、
    主人公が出会う存在に共感したり憧れたりすることが多かったように思う。

    同じテーマの本を私はなぜ必要としたのか、今ならわかる気がしている。

    時空間を旅する主人公は、本書のトムもそうだが、
    物語の最初では、現状に大きな不満を抱いている。

    弟のピーターがはしかになったため、夏休みの間、
    おじさんとおばさんのところに預けられることになったトムも不平タラタラである。

      こんなにつまらないところにほうりこまれたのは、これがはじめてだ。

      ピーター、ぼくはここから出ていくためだったら
      ―どこでもいい、ここよりほかのどこかへいくためだったら、
      どんなことでもするよ。

    トムは弟のピーターにこんな手紙を書いている。

    これはただの不満といえば不満だが、
    この強力なまでのここにいたくないという思いは、
    本人が意識しようがしまいが、
    ここではないどこかへ主人公を連れて行く原動力となる。

    退屈で眠れなかった夜、トムは、大時計が13回時を刻む音を聞く。

    トムにはこんな音に聞こえた。

      おいでよ、トム。

      大時計が13時をうったよ。

      きみは、いったいどうするつもりなんだ?

    しばらくこの「邸宅との心の対話」を続け、
    結局は、大時計の様子を階下のホールに見に行くことにしたのだ。

    だが、暗くて大時計はよく見えない。

    この邸宅の裏側で照らしている月明かりを入れよう、
    そうすれば文字盤が見えるかもしれない。

    ここで裏口を開けたことから世界は変わる。

    おじさんたちには、
    「裏口からそとに出てみたところでしょうがないよ」と言われていたのに、
    開けたところには庭園があったのだ。

    おじさんたちにうそをつかれたと憤慨するトムだったが、
    昼間にその場所に出て行ってみると庭園は存在しなかった。

    時計がひとつのむすびめと考えたトムは、時計を調べるが、
    描かれている絵に意味がありそうだというところまでしか
    そのときはたどり着かなかった。

    大時計が13時を打つのを聞いてから外に出ると
    庭園に行かれることがわかったトムは、
    毎晩のように庭に出て、探検していく。

      トムの目のまえにあらわれる庭園は、一日のうちの
      いろいろな時間、ちがった季節をあらわしていた。

    そして、どうやら時間は、行きつ戻りつしていることもわかってきた。

    トムは、それらを味わった。

    そのうち、庭にいる人たちがどんな人たちかもわかってくる。

    3人の少年、女の子、庭の手入れをする人、女中。

    動物達は、トムの姿を見ているが、人間たちは気づかない。

    ところが、実は、トムのことを見えている存在が何人かいることがわかった。

    そのひとりがハティだった。

    時を旅する者、そして、その存在が見える者。

    彼らは一緒に庭で遊ぶのだが、
    どちらも自分が自分の時間を生きていると思っているので、
    どっちが幽霊かなどと話すとけんかになったりする。

    トムは大時計が13時を鳴らすのを聞くと毎晩のように庭に出かけるが、
    ハティにとってはそれは毎晩ではなく、
    前に会ってからずっと経ってトムが現れるように見えている。

    トムは、時間について考えながら、その謎を自分なりに解き明かして行く。

      トムは「過去」のことを考えていた。

      「時間」がそんなにも遠くへおしやってしまった
      「過去」のことを考えていた。

      「時間」はハティのこの「現在」をとらえて、
      それを「過去」にかえてしまった。

      しかしそれは、いまここで、
      ほんのつかのまのあいだではあるが、
      トムの「現在」に―トムとハティの「現在」になっている。

    ただ頭の中で考えた理屈ではなく、実際に体感したもの、
    読者も一緒に体感したものだからこその説得力がある。

      こういえるんじゃないかな。

      人間は、それぞれべつべつな時間を持っているって。

      ほんとうは、だれの時間もみんな
      おなじ大きな時間のなかの小さな部分だけど。

    そして、こんな答えにたどり着くのだ。

      どっちからいったにしても、
      女の子は過去からきた幽霊じゃないし、
      ぼくも未来からあともどりした幽霊じゃないんだ。

      ぼくたちはどっちも幽霊じゃない。

      庭園だって幽霊じゃないんだ。

    そうやって自分なりの答えを掴んだトムにとっては、自分の時間よりも、
    ハティとの永遠の方が価値のあるもののように思えてきて、
    ある賭けに出るのだが・・・。

    一方、トムにはたったひと夏のことだが、庭の中の時間はどんどん進んでいて、
    ハティはいつしかどんどん大人になっていて・・・。

    さて、本書を再読した結果、
    私は本書の登場人物たちに大いに励まされることとなった。

    ある時期現実の生活が楽しかったり大変だったりして、
    「庭」のことを忘れてしまうことがあっても、
    一度、「庭」に来たことががある者は、「庭」の美しさを知っている者は、
    時を経ても「庭」に帰ってくることができるのだと教えてくれたのだ。

    私の庭は、本の中にある。

    そして、それは、やってきたときがいつでも今なのだ。

    私も本の中の人物も庭園もみんな幽霊なんかじゃないから。

  • わたしのファンタジーの原点はここです♪

  • 図書館で借りた .
    小学校のとき国語の教科書におすすめとして載ってた、、、
    気がした。
    10数年たってようやく読了。
    オチがだんだん読めてくるけど、
    それは大人の自分が読んでるからなのかな。
    逆にそのせいか、登場人物を暖かい目線で見ることができ、
    最後はほんわかしました。

  • 真夜中は特別な感じがします。
    空気が昼よりも澄んで、感覚も研ぎ澄まされてそうな・・・・・・
    うちの時計も13回鳴らないだろうか。

  • 弟の麻疹がうつらない様に、預けられた先の庭で経験する不思議な冒険物語。子供の「時間」と大人の「時間」とは、やはり流れ方や濃度が違うような気がします。同じ「時」を共有していても関心の有無で見えたり見えなかったり。トムと一緒に奇妙な旅をした気分です。どうせならピーターも一緒に遊べたらよかったのにな。

  • 時計が13時を打つなんて!かっこよくて、素敵な話でした。

  • 題名が良い。
    原題を見ると『Tom's Midnight Garden』あるので、
    訳者が良いようです。

    弟のはしかがうつらないようにとおじさんの家に滞在することになったトム。
    真夜中にアパートの大時計が13回鳴った時に裏庭へ出ると、そこは昼間の大きな庭園だった。
    その日から毎夜庭園へ訪れて、唯一自分を見ることができる少女ハティと遊ぶうち、
    どうやら自分は昔のこのアパートを見ているらしいと気づく。

    ハティにスケート靴を秘密の場所に隠しておいてと頼むことで、現代のトムの部屋にスケート靴が現れたり、
    大家さんがハティだったオチや、
    トムが少女にするようなハグを老女になったハティにするところなどが素敵。

全148件中 1 - 10件を表示

フィリパ・ピアスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーシュラ・K....
東野 圭吾
アーシュラ・K....
アーシュラ・K・...
荻原 規子
アリソン アトリ...
荻原 規子
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))を本棚に登録しているひと

ツイートする