お話を運んだ馬 (岩波少年文庫 (043))

著者 :
制作 : 工藤 幸雄 
  • 岩波書店
4.10
  • (9)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140439

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワルシャワ在住ユダヤ人著者による短編集。不思議でゆかいなお話が多く、「ダルフンカ」は思わず笑う。自伝的な話がいくつかあり、語り口は優しいけれど宗教的要素も強いのでちょっと難しめ。やはり高学年向け。

  • 愚かな夫婦の話に泣きました。こういう生き方はでいないもんか。それにしても、現代は、こすっからい人間ばかりが幅を利かして嫌な世の中だ。

  • 世界にはおもしろいお話があふれている。
    ちょっとばかばかしすぎやしないかと思ってしまうところもあるけれど人間ってそんなもんだよなあ、と安心してしまうかも。やさしいお話の中に大切なことがさりげなく挟まれていて得した気分。
    こういう世界観を持っているのがユダヤの人なの?
    世界は楽しくなると思うよ。
    ポーランドはワルシャワ生まれ、ユダヤ系アメリカ人、ノーベル文学賞受賞。

  • 愛馬とともに、村や町をめぐってお話を子どもたちに届けるナフタリは作者の姿そのものなんですね。読んでいて胸が熱くなりました。
    ヘルムのとんちとまぬけな鯉、レメルとツィパは間抜けな人々が主人公なんだけど、読み終わった後笑いもあるけど心も温かくなう気がして、とても好きなお話です。
    かたい規律で暮らしてきたユダヤの人たちの様子が少し垣間見れる気持ちになります。

  • 著者は、ワルシャワ在住のユダヤ人。ユダヤの慣習や昔話などを織り交ぜている。

  • 「ぼんやりさん」っていい表現ですね。

    ぼんやりさんには、ぼんやりさんが良く似合う。
    周りはすごく大変そうだけど、でも憎めなくて、癒される。
    とても幸せそうなぼんやりさん夫婦。
    すごく素敵です。

    わたしも、お話を語れるような人間になれたらいいなぁ。
    でも、語れなくても、図書館という場を通じて、皆さんにお話を、本を、お届けできることを、とても幸せに感じています。

  • 【お話の名手ナフタリと愛馬スウスの物語】
    「いちにちが終わると、もう、それはそこにはない。いったい、なにが残る。話のほかには残らんのだ。もしも話が語られたり、本が書かれたりしなければ、人間は動物のように生きることになる、その日その日のためだけにな」
    「きょう、わたしたちは生きている、しかしあしたになったら、きょうという日は物語に変わる。世界ぜんたいが、人間の世界のすべてが、ひとつの長い物語なのさ」

    人が、おかねのためだけではなく、愛の心から自分の仕事をするとき、その人は他人からも愛を引き出すものである。

    世界はいろいろなふしぎに満ちている。ナフタリは、そのことについて話を描き、すべての都会や町や村に、その話をひろげたいという気持ちにかられた。

    それにしても、すべてがおかねで計ることができるものだろうか。
    お話を聞きたがるこどもたち、それどころか、おとなたちだって、方々にいるではないか、それなら、これまでに聞いたことを残らず話してあげよう、ナフタリはそう心に決めた。

    【ダルフンカ】
    ヘルムのダルフンカ(ヘルムじゅうの貧乏人とこじきの住む町)の話
    金持ちが永遠にいきることができる町?

    【ランツフ】
    小鬼 自分の居ついた先の家の人たちに精いっぱい役立とうとする

    【ワルシャワのハヌカ前夜】
    ラビの息子がまいごになる話

    【ヘルムのとんちきとまぬけな鯉】

    【レメルとツィパ】
    きだてのよいぼんやりはいいな~

    【自分はネコだと思っていた犬と自分は犬だと思っていたネコのお話】

    【おとなになっていくこと】
    11歳になったぼくの出版計画と

  • 愛馬スウスと町や村をまわって、子どもたちに物語の楽しさを伝えるナフタリはお話の名手。
    この表題作をはじめ、いくつかの作品は文学に魅せられて育った作者の姿を彷彿とさせる。
    ユダヤに伝わる妖精ランツフのお話や、民話調のとぼけたお話など、ユダヤの伝承と作者が育ったポーランド(ワルシャワ)の雰囲気が混ざり合う。
    作者の’父母きょうだいの追憶にささげます’ともある、このあたたかな短編集には独特の味わいがある。

  • おとなになっていくこと、生きること、愛すること、自分の物語をつくること。

全11件中 1 - 10件を表示

I.B.シンガーの作品

お話を運んだ馬 (岩波少年文庫 (043))に関連するまとめ

ツイートする