鏡の国のアリス (岩波少年文庫)

制作 : Lewis Carroll  脇 明子 
  • 岩波書店 (2000年11月17日発売)
3.54
  • (44)
  • (38)
  • (131)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :396
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140484

鏡の国のアリス (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鏡を通りぬけた先にあったのはチェスの国。前に進めば後ろに進み、丘が谷になり、古いものが新しいという鏡のような対称の世界だった。そこで出会った赤の女王に「白の女王になれ」と言われ、アリスは「女王」になるため“小川を渡った先にある八列目の枡”を目指すことになる。

    おしゃべり好きの花たちや体がお菓子で出来た虫、ハンプティ・ダンプティなど登場人物は魅力的なものだらけ。強引で高慢な赤の女王・どこかとぼけた様子の白の女王は、ティム・バートン監督の映画を観た人ならつい重ねてしまうのではないでしょうか(超余談ですが劇中で白の女王を演じるアン・ハサウェイは可愛すぎます)。

    この国では自然や時間や物理…あらゆる摂理が“あべこべ”でアリス自身も作中で混乱していますが、読者もかなり混乱します(笑)とにかく場面も会話の展開も登場人物も目まぐるしくコロコロと変わります。読み終わる頃にはどっと疲れていたのは私だけではないはず。
    巻末の詩は華やかに、しかし幕の下がる一抹の寂しさを感じるように物語のラストを飾っています。
    激しくも愉快な、どこか捻くれたワンダーランド。

  • アリス・リデル個人に向けて書かれた前作と違い、これは最初から出版を念頭に書かれた作品とのこと。物語としては行き当たりばったり感のあった前作よりまとまっている印象はありました。
    しかし前作より読みづらかった。なぜかというと私の場合、チェスのルールがわからないからです。どう駒が動いて、それ故こう物語が展開するというのを全く把握できず、ずっと頭が「???」状態でした。おそらくルールがわかってればもっと楽しめただろうと準備不足を嘆くばかりです。
    作品はちっとも悪くないのですが、あまり楽しめなかったのは事実なのでこの評価。

  • 不思議の国に続いて鏡も読みました。
    同じアリスだけどこっちは最初から出版するために作られているだけあって物語的な工夫がされてる感じがする。それぞれ違うけどそれぞれに面白いです。
    鏡読んだのは多分2回目ですが後半の記憶が全くなかったです(笑)
    とりあえず次は洋書のアリス買ったのでそっちを読む予定。英語まるでわからないので物凄く時間かかりそうです。

  • アリスというキャラクターは好きだけれど、物語を読むと何が何だか分からなくて、好きなジャンルの話ではないと思った。
    実際、アリスは頻繁に、相手が何を言っているか分からないと言っているので、理解する必要はないのかもしれない。自分の都合の良いように解釈すれば、筆者はあくまでも、この不思議な世界の世界観を味わってもらいたいだけだと思う。
    また、言葉遊びが多くて、翻訳者の苦労を考えずにはいられなかった。英語で読んだら、もっと無理なく頭に入ってくると思う。

  • 中学のときに読んだ作品。不思議の国のアリスのキャラクターが引き続きでてくる。好きな童話。

  • 詩がよくわからなかった

  • 鏡に映る姿は凸レンズと違い
    上下をそのままとして左右のみ反転させている
    しかしその反転には気付きにくい

    もし気付ければ自分の反転している姿を見ることで
    本来の自分を描き出せるし
    世の中で出合ったモノを逆手に取り反面教師として
    真理のカケラなりとも学び取ることを可能にしてくれる

    この本の作者はこの世の不思議な歪みの現象を皮肉って
    物語に仕立て直していたのだろう
    鋭い眼力である

    140823

    不思議の国もアリスの続編
    マザーグースでお馴染みの登場人物の大方は
    前作と同じだけれども
    トランプではなくチェスを舞台にして話が進む
    鏡の中なのでアベコベな現象に振り回されながら
    アリスはポーンと言う歩からスタートして
    無事に女王に成ってどんちゃん騒ぎの舞踏会で終わります

    昔最初に不思議の国のアリスを読んだときは
    支離滅裂な中に新鮮で哲学的なものを感じたのですが
    今回はそれ程に引き込まれるものがありませんでした

    言葉というのは約束事で成り立つ符号で
    その解釈はTPOで異なりお互いに立ち入れないものがある
    従って既に十分抽象的なわけだけれども
    人間はそれにも飽き足らず
    支離滅裂をかき集めたようなモノを表して見たくなるのだろう

    人の口の戸口は建てられぬと言われる無限性を
    有限の枠にはめながら姿形を固定して表現するなど
    所詮できないわけで
    それでもヤッてみないと気がすまないのが欲望という性なのか

    最も夢の世界では常に垣根など作らずに
    豹変しながら飛び回っているのだけれど・・

  • 小学校の時に読んだ
    挿絵が怖かったの覚えてます
    アリスは永遠の女の子ですね 

  • 多分、小学生のころに読んだ本。
    どんな内容だったか、改めてもう1度読んでみたくなって。
    子供のころは、こうゆうのが好きだったんだなぁって思った。

  • 山本容子さんの個展を見に行き、気になって読んだ。

    不思議の国のアリス同様
    ことば遊びと詩をまじえて超個性的キャラクターが
    ものすごいスピードで入れ替わり立ち代わりで
    話を進めていく。

全39件中 1 - 10件を表示

鏡の国のアリス (岩波少年文庫)のその他の作品

鏡の国のアリス (岩波少年文庫) Kindle版 鏡の国のアリス (岩波少年文庫) ルイス・キャロル
鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065) 単行本 鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065) ルイス・キャロル

ルイス・キャロルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
ミヒャエル・エン...
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

鏡の国のアリス (岩波少年文庫)に関連する談話室の質問

鏡の国のアリス (岩波少年文庫)に関連するまとめ

鏡の国のアリス (岩波少年文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする