川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064))

  • 172人登録
  • 3.65評価
    • (15)
    • (17)
    • (33)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : ダイアナ・スタンレー  林 容吉 
  • 岩波書店 (2005年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140644

川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【分類】933/N97/3
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 27年度 (6-3)
    部分読み 8分

  • 小人の冒険シリーズ第3弾。再び野外に出て薬缶で川をくだるアリエッティたち。なんと前回のアリエッティが川で石鹸箱で漂ってた時から2年も経ってるのね!スピラーの逞しさが素敵。続きあと2冊借りてこよ。2012/004

  • 映画を観たので、原作が読んでみたいな、と、
    床下の〜、から読んで来て、
    この巻でとくに思う事は、
    これはポッドとホミリー夫婦の愛と冒険と忍耐と成長の物語、
    なんじゃないのかなあ、って事。
    娘は娘で生きていったらどうですかね?あの人と、
    とか突き放して思ってしまうほど、
    母親ホミリーや父親ポッドの思いが続く。
    アリエッティの気持ちも分かるけども。

  • 読書日:2011年12月1日-2日
    原題:The Borrowers Afloat
    3巻を読んで感じた事は、ホミリーが好きになれません。
    あの空気の読め無さや、自分の方がやかましいのに娘にはすぐに静かに!って言う辺りが。
    義兄に預けた方が良かったんじゃないか、ポッド。

    アリエッティがトムと話した事で親戚宅から出て行く事になりました。
    下水管を通ってる時に、人間がお風呂に入った影響で大洪水になる様が一番ハラハラしました。

  • ジブリの映画になった「借りぐらしのアリエッティ」原作の続編。順に読み進め中なので積み中。電子書籍版を購入。

  • メアリー・ノートンの「小人の冒険シリーズ」
    その第3巻がこの『川をくだる小人たち』です♪

    人間たちから様々な道具や食糧などを「借りて」きては暮らす「借り暮らし」の小人の少女、アリエッティとその家族の冒険の物語!
    小人といっても特別な力があるわけではなく、アリエッティたちはサイズが小さいというだけで中身は人間と同じ。

    今回は人間の家から逃げのびたアリエッティたちが、長いこと行方不明だった親戚(もちろん小人)と再会し、その家族と一緒に別の人間の家で暮らすことになるのですが、そこでいろいろな騒動が巻き起こります。
    やがて自分達だけで暮らせる新しい住みかを探して、再び旅立つことを決めるアリエッティたち。

    小人の世界も人間関係(?)が大切っていうか、この物語が書かれた18世紀のイギリスでも、やっぱり一番やっかいなのは人間関係ってことなんでしょうね☆
    下水道のトンネルを進んだり、自然の中で食糧を調達したり、川をヤカンで下ったり、人間の道具をうまく利用して暮らしている小人たちが楽しいです。

    人間に見つかりそうになったり、白イタチやフクロウから逃げたりと、危険もたくさんあってハラハラしながらアリエッティたちの冒険を読みました。
    アリエッティたちを何度も助けてくれる小人の男の子、スピラーとアリエッティの仲も気になるところ。

    このシリーズはあと
    第4巻『空をとぶ小人たち』
    第5巻『小人たちの新しい家』
    と続くので、楽しみに読みたいと思います。

  • はーい、ここでようやく「スピラー」登場。この魅力的なキャラクター、どうしても映画に出したかったのね。3巻になってようやく登場するのに、ジブリの「借り暮らしのアリエッティ」では準主役級の大活躍。でも、それだけ存在感のある人物なんだよね、本当に。
    そしてここでお話を聞いていただけの人間の女の子が、実際に彼らにぐーんと近づく。その辺がまたリアルさを出していてうまい。

  • 川をくだる小人たち新版

    下水道の暗闇を抜けて、川の増水で、思わぬ展開・・ヤカンに乗って川をくだります。

    借り暮らしの小人にしては、やたらと見栄っ張りのお母さんにはあきれますが、今回は、そのお母さんが大変なことに

    人間の釣り針に引っかかってあわや・・・

    かわいそうに、スカートだけ持っていかれてしまいました。

    小人たちの物語
    http://book.uunyan.com/little/

  • 映画があるから読んだけど、途中テンポに欠ける

全17件中 1 - 10件を表示

川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064))のその他の作品

メアリー・ノートンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
畠中 恵
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064))を本棚に登録しているひと

ツイートする