人形の家 (岩波少年文庫)

制作 : Rumer Godden  瀬田 貞二 
  • 岩波書店 (2000年10月18日発売)
3.77
  • (27)
  • (28)
  • (42)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :261
  • レビュー :36
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140675

人形の家 (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 約20年ぶりに再読。人形の家に暮らす人形たちの物語。誇張の無い、淡々とした優しさと残酷さが描かれている。子供の頃に読んだが内容はうろ覚えで、残酷さの部分だけが印象に残っていた。再読して、それ以外の優しさの部分をたくさん見いだせたので良かったと思う。人形にも心はある。でも人形だから、声を出すことも、涙を流すこともできない。悲しくて辛くても、ただひたすら祈るだけ。セルロイド人形“ことりさん”が好きだ。

  • クリスマスの奇跡の話かと思ってあまり期待していなかったら、面白かった~。
    人形が喋ったり(人間には聞こえないけれど)、人間が見ていない間に動いたり出来る世界。
    次がどうなるのか気になってどんどん読み進められた。

    親子代々大切にされてきたおもちゃ、人形って素敵。
    残っている家はいいな。

    トチーは100年受け継がれてきただけあって、分別のしっかりしたお人形。
    プランタガネットさんはお父さん役だけれど、少年の人形だけあってあまり貫禄がない。
    ことりさんは、クラッカーについていた人形だけあって、頭がちょっと足りない。
    りんごちゃんは赤ちゃんの人形でいつも高いところから落ちて遊ぶやんちゃな子。

    ことりさんの最後が悲しい。
    考えがない割にりんごちゃんを守ろうとして…。
    マーチペーンが傲慢で酷い奴。
    炎がドレスに移って燃えて二度と見られない酷い姿になってしまえばよかったのにと思うほど。

    人形たちの願いが人間に通じるというよりも、エイミーはマーチペーンに操られているのではないか、と思うほどマーチペーンの思い通り…。
    読んでいて、早く目を覚まして、と思った。

    博物館に飾られるだけなのと、遊んでもらえるのどっちが幸せ?
    飾られるだけならそれは「もの」だ、というプランタガネットさんの言葉が印象的。

    「人形の家」=「イプセン」という図式が出来ていて、でも、この本の作者はゴッデンなのに、何度見てもイプセンかと思ってしまうのか…。
    と思っていたら、イプセンの作品にも「人形の家」があった。
    こっちの方が有名だから何となく知っていたのか…。

  • 平和に暮らしていた人形たちの家の空気が徐々に変わっていく、何かが壊れていく。子供ながらに数々の不条理に憤慨し、ことりさんの行動に涙した。最後の、プランタガネットさんとトチーの会話が心に沁みる。
    ずっと手元に置いておきたくて、最近購入しました。

  • イプセンの「人形の家」も読んだことがないのですが
    こっちは人形たちが主人公のかわいらしいお話
    でもけっこう切実

    新しい家がほしくてすったもんだ
    展覧会に行ってすったもんだ
    性格の悪い人形がやってきてギギギ・・!

    おもちゃ箱に入れっぱなしはいやだとか
    子どもに遊ばれてなんぼとか
    トイストーリーみたいな感じでした。

  • 久しぶりに再読。
    幼いころと同様、トチーのように小さなオランダ人形が欲しくなりました…

    深い、メッセージ性の強いお話です。

    ルーマーゴッテンの別の本「ふしぎなお人形」の主人公と、シャーロッタが似ているなぁと、最近思いました。
    彼女の描く子供の人形遊びは描写が細かく、惹きこまれます。

  • ことりさんが大好きです。

  • 人形は「願うだけ」。セルロイドの「ことりさん」本当に取るべき行動が見えてたんですね。

  • いや~~木でできた一文人形(オランダ人形)である主人公のトチーがかっこいいのなんのって・・・。100年以上子ども達に愛されてきた彼女だからこその冷静沈着な老成さと気高さ、誇り高さからくるセリフが全部めっちゃ心に突き刺さる。マーチペーン怖すぎ。

  • 宮部みゆきが多大なる影響を受けた本として挙げていたので読んでみました。
    もともと子供向けに書かれた本で、この翻訳もふりがないっぱいで子供向けらしい文体なので、読みづらかったです。まぁそれは仕方ないですが。
    内容は…こういうものからいろいろと感じられる年齢ではなくなってしまったようで、いまひとつピンときませんでした。どちらかといえば人形の持ち主の2人の少女の個性の違いがおもしろかったです。物語世界には入っていけたけど、人形たちの世界に入っていけなかったといったところでしょうか。
    子供の頃読んでたら違ったんでしょうかね。

  • 基本図書だし、瀬田貞二訳なので、借りて読んだ。

    木でできた小さなオランダ人形(一文人形
    )のトチーは、父親のプランタガネットさん、母親のことりさん、弟のりんごちゃん、犬のかがりと一緒に、人形の家に暮らしていた。

    おもしろかった。
    イギリスの富裕層、古き良き時代のお屋敷、不気味な磁器人形の怨念、いろんな空気が感じられる。
    そしてやっぱり、ものがなしい。
    ひたすら祈る・願う、というのは、キリスト教的だなぁ。
    でも、置かれた状況でできることは、人形の家では祈ることだから、宗教的ではなくて一般的な視点だとも考えられる。
    マーチペーン……こういう人って、いる。
    確かに特別、でもそれを下手に特別扱いするから、お互いにかわいそうなんだ。
    ことりさん……こういう人も、いる。
    ばかなんだけど、ばかじゃない。
    うらやましいくらい純粋だ。
    ボアとマントをまとったトチーが、すごくかわいい。

全36件中 1 - 10件を表示

人形の家 (岩波少年文庫)のその他の作品

人形の家 (岩波少年文庫 1035) 単行本 人形の家 (岩波少年文庫 1035) ルーマー・ゴッデン
人形の家 (岩波ものがたりの本)の詳細を見る 単行本 人形の家 (岩波ものがたりの本) ルーマー・ゴッデン

ルーマー・ゴッデンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オトフリート=プ...
ミヒャエル・エン...
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
モーリス ドリュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人形の家 (岩波少年文庫)に関連する談話室の質問

人形の家 (岩波少年文庫)に関連するまとめ

ツイートする