ぽっぺん先生と帰らずの沼 (岩波少年文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.82
  • (16)
  • (7)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001140712

作品紹介・あらすじ

大学構内の沼のほとりでお昼を食べていたぽっぺん先生の腕時計が、とつぜんカチリと止まった。その瞬間から、先生はウスバカゲロウ、鼻長魚、カワセミと変身しつづけ…帰らずの沼をめぐる、奇妙で命がけの冒険がはじまった。小学4・5年以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オイコスのロゴス 即ちエコロジーに関して、大学のそれと、帰らずの沼の生態系が、両者のポイントオヴビューといふすごい視点で描かれる。
     プシュケ(魂)と虫の関係とか、魚 おお魚ぢゃ、の上に、鳥と言ふなかなか興味深い転生、そして大学のいろいろが同時に展開する。

  • 子供の頃テレビアニメで見て、ずっと記憶に残ってる物語。食物連鎖などもわかるので、自分の子供にも見せたいけどDVDとかにはなってないみたいで残念。。。

  • 大学構内の沼のほとりでお昼を食べていたぽっぺん先生の腕時計が、とつぜんカチリと止まった。その瞬間から、先生はウスバカゲロウ、鼻長魚、カワセミと変身しつづけ…帰らずの沼をめぐる、奇妙で命がけの冒険がはじまった。

  • いきるものが繋がってゆくこと、何となく、その輪にもう人間が入ることが出来ないのが悲しいなと思ってしまいました。野暮でかわいいぽっぺん先生、今も昔も大好きです。

  • ぽっぺん先生シリーズ。<br>
    中学生の時大好きでした。

  • 岩波少年文庫

  • 子供のころ好きだった。かなり好きだった。そして今も読んでる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

舟崎克彦  東京都生まれ。学習院大学卒業。白百合女子大学教授。「ぽっぺん先生」物語シリーズ(岩波書店)で路傍の石文学賞、『雨の動物園』(岩波書店)で国際アンデルセン賞を受賞。作品に「日本の神話」シリーズ(あかね書房)他多数。

「2013年 『クレヨンマジック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぽっぺん先生と帰らずの沼 (岩波少年文庫)のその他の作品

舟崎克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
モーリス・センダ...
ミヒャエル・エン...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぽっぺん先生と帰らずの沼 (岩波少年文庫)に関連する談話室の質問

ぽっぺん先生と帰らずの沼 (岩波少年文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする