ぼく、デイヴィッド (岩波少年文庫)

  • 26人登録
  • 3.88評価
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : ヘレン・メイスン・グロウス  Eleanor H. Porter  中村 妙子 
  • 岩波書店 (2007年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141436

ぼく、デイヴィッド (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学校教育とは、何かと思うわねー

  • ヴァイオリンを弾く少年の話。自然の中の美しさに触れたくなります。

  • デイビッドの存在が全ての人に幸せを与えてくれる。
    孤児となった彼に取り巻く人々は、彼と、彼のバイオリンに心を癒されて絡み合った糸が解けて行く様子が、暖かく描かれている。

  • うわぁぁぁん
    おもしろい
    泣ける

    なんか似てるな〜と思ってたら
    ポリアンナの作者だったー!
    にてるなー!

    主人公が超!いい子
    いい子で天才でふしぎちゃん

    すれちがってるカップルが出てくる
    このへんもおもしろいけどポリアンナのおばさんっぽい

  • 純真で美しいものは、なににも負けないのだということ。それを信じていていいのだと励まされる。単なる「よい子ちゃん」話で終わるんじゃなくて、デイヴィッドの素性が知らされる最後には、ほぉ〜と普通にびっくりさせられる。27 Aug 2007

全6件中 1 - 6件を表示

エリナー・ポーターの作品

ぼく、デイヴィッド (岩波少年文庫)はこんな本です

ツイートする