グリム童話集〈下〉 (岩波少年文庫)

著者 : グリム
制作 : 出久根 育  佐々木 田鶴子 
  • 岩波書店 (2007年12月14日発売)
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141481

作品紹介

昔話はもともと語りつがれてきたもので、シンプルな語り口が持ち味です。「赤ずきん」「灰かぶり」「金のガチョウ」「ゆうかんな仕立屋さん」など、時代と文化のちがいをこえ、世界中で親しまれている25話をおさめます。対象年齢、小学3・4年以上。

グリム童話集〈下〉 (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生きていく上で賢さは大事だよね、って思わされる。
    仕立屋さん、ほらは吹くけどうそはついてなくて、かっこいい生き方だなあと思う。

  • 勉強に読んだけど、
    グリム兄弟を知らないで読むのと知って読むのでは印象が違ってくるなー

  • 上巻より知らない話があった下巻ですが
    印象的なのは最後の『ふたりの兄弟』かと。
    裏切りがない、という意味で出しているのでしょうが
    夫婦ではないのに、という状態が。
    しかしこれ、寝相が悪い人はさっくり♪ ですよね…。

    娘と結婚させよう、とお触れを出している割に
    諦めが悪い王様が多い事。
    娘に苦労は~というならともかくとして
    ふさわしくないという理由はどうなのでしょう?
    だったら最初からお触れに注意書きをお願いします、という気が。
    むしろ、突如として王様の座を渡されても困りますけど。
    確実に操り人形決定、ですね。

全5件中 1 - 5件を表示

グリムの作品

グリム童話集〈下〉 (岩波少年文庫)はこんな本です

ツイートする