消えた王子(上) (岩波少年文庫)

制作 : レナード・ワイスガード  中村 妙子 
  • 岩波書店 (2010年2月17日発売)
3.96
  • (6)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 75人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141627

消えた王子(上) (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み始めたかなり早い段階で、「消えた王子」とマルコ親子の関係はあっさりと予想できちゃう書き込み方満載で、そういう意味ではどんでん返し的な楽しみはほとんどない物語ではあるし、プロット的には臭さも目立つ作品ではあるけれど、さすがバーネット夫人の作品だなぁと感じるのは、当時のイギリスの実像を物語の中で精緻に描いているあたり・・・・でしょうか。

    元はと言えばロンドンの貧民街に暮らす浮浪児同然のラットが足が不自由であるにも関わらず、浮浪児仲間を集めて軍事教練に励んでいるくだりなどは、第一次世界大戦が間近に迫っている当時のロンドンでは普通に見られた光景だったかもしれないし、そういう恵まれない子供であればあるほど、尊敬できる上官に仕え、自己犠牲も厭わない、そんな下僕を志したりするのも、リアリティがあるように感じました。

    (全文はブログにて)

  • あぁ、やっぱり、バーネットは面白い。『秘密の花園』が大すきだけれど、こちらも夢中で読んだ。

  • 浪漫溢れる主題、タイトルだけでも何か始まる予感がします。
    素晴らしいのは、中世ヨーロッパの世界観と、近代のイギリスの路地裏がオーバーラップする、その交叉点にある。いかにも日常らしい薄暗い路地裏と、消えた亡国の王子が共存する瞬間に、何とも言えず想像力をかき立てられる。

  • バーネットらしい筋立てです。期待を裏切らない予想通りの結果。子どもたちにはどうなんだろう?こんなにいい子だと読んでくれるかなあ?生まれながらにもっている身分のようなものにちょっと違和感。

  • サマヴィアって国に忠誠を尽くす謎めいた父子

    消えた王子の子孫っぽい雰囲気を出しつつ
    真相はわからない

    男の子向けだな〜

    高潔でカッコイイかんじ

    サマリアって国はきいたことある(きいたことあるだって‥)けど
    サマヴィアってのはきいたことないな〜

    ほんとにある国??
    フィクションかな

  • 「秘密の花園」が大好き。その著者がこういう本も書いてたんだ。主人公の少年が、託された使命に心燃やして自分を発見していくというストーリーは王道かもしれないけれど、わたしはやっぱり好きだなぁ。訳も美しい。

  • 面白かった。
    早く下巻を読みたい。

  • ここにレビューを書きました。

    http://blog.goo.ne.jp/luar_28/e/db67ecdb8033e88c7b8753465f6494a5

  • おもしろい、おもしろいと聞いていたけれど、
    王子もの、いまいちそそらないのです。

    「鳴りひびく・・・」を読んだいきおいで、ようやく読了。


    ヨーロッパの小国、サマヴィア国から、
    500年前に突然姿を消した、若き王子。
    以来、この国では混乱が絶えなかった。

    一方、心から尊敬するサマヴィア人の父と、
    貧しい暮らしをしながら、各国を転々とする生活を営んできた
    少年マルコは、ある出会いを通じてはじまったゲームをきっかけに、
    重要な任務をおびた旅へとでかける。

    その先にあったのは・・・


    物語は、とても、興味深く。

    よみはじめたときは、
    文字の列から、風景、姿、人びとの心の中を
    ゆっくりと築きあげていく喜びに、ひたりました。

    でも、結局、乗り切れなかった〜

    気持ちを沿わして、一緒にすすむには、
    わたしには、マルコの誇りや気品(ことあるごとに強調される)
    が、壁になり、さいごまで傍観者でした。

    マルコ、冷静だし。


    訳者のあとがきが、とってもよかったです。

全10件中 1 - 10件を表示

フランシス・ホジソン・バーネットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
アリソン アトリ...
有川 浩
フランシス・ホジ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

消えた王子(上) (岩波少年文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする