消えた王子(下) (岩波少年文庫)

制作 : レナード・ワイスガード  中村 妙子 
  • 岩波書店 (2010年2月17日発売)
4.04
  • (8)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 59人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141634

消えた王子(下) (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素晴らしい!マルコとラットの命がけの冒険に一気読みだった。なぜ子どもの頃に読まなかったのだろうと後悔…。読んだ後、きっとなにかしら成長てきているだろうと感じられる良書です。

  • しかし私が歳をとったなと思うのは、これが少年少女の時分であれば、間違いなく共感して憧れるのはマルコ•ロリスタンであるところを、今の私はもうステファン•ロリスタンに夢中なのであった。
    あらゆる人を虜にしてやまないこのカリスマ、気品、高潔さ。ラットでなくとも、傅き服従する悦びに抗えないだろうと、主人公そっちのけでステファンの一挙手一投足に釘付けのワタクシでした。

  • 下巻に入ってさまざまな冒険をする。どんでん返しはないので安心して読める。

  • 消えた王子後半
    やっと読めた〜

    やっぱりでした。
    そりゃそうか

    ふたりがいいこですばらしいね

    あとサマヴィアって国はフィクションだった
    そりゃそうか

  • 決して嫌いじゃないバーネット作品だけど、この作者さんはやっぱりどちらかと言えば「女性向け作品」の大家だったんだなぁと思います。  この物語は彼女の作品の中ではかなり「骨太」な作品だとは思うけれど、それでもそこはかとな~く漂うのは「上品さ」なんですよね~。  この物語の登場人物たちは総じて「みすぼらしい身なり」をし、「秘密結社」な~んていう男臭さを持ちつつもやっぱりほのかに香ってくるシャボンの香り・・・・・みたいなところがあるんですよ。  そういう意味ではせっかくの冒険活劇ではあるけれど「男の子」の興味はあんまりひかない作品なのかもしれません。

    (全文はブログにて)

  • 一気に読了。受け継がれていく使命とそれにふさわしい者となることの鍛錬。そこにすべてを投じようとする忠誠心と誇り。「成熟することなく歳だけ取っていく人もある」との言葉にどきっとさせられた。

  • 前半わくわくしたけど、後半はさほど・・・
    どっちかというと男の子向けのお話かな
    けれど、バーネットの表現力による魅力はさすが
    なんというか、気高さとかそういったものは確かにあります

  • ここにレビューを書きました。

    http://blog.goo.ne.jp/luar_28/e/db67ecdb8033e88c7b8753465f6494a5

全9件中 1 - 9件を表示

フランシス・ホジソン・バーネットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス ドリュ...
アリソン アトリ...
ローズマリ サト...
アリソン アトリ...
フランシス・ホジ...
有効な右矢印 無効な右矢印

消えた王子(下) (岩波少年文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする