青矢号―おもちゃの夜行列車 (岩波少年文庫)

制作 : 平澤 朋子  関口 英子 
  • 岩波書店
3.93
  • (4)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イタリアの子供たちが心待ちにしているのは、1月6日の前夜、べファーナのやってくる夜。
    べファーナとは、子供たちにプレゼントを持ってきてくれる魔女のことで、いい子にはおもちゃやお菓子、悪い子には炭を持ってくる…と言われています。
    そんな1月6日のイタリアで起こった、不思議で心躍る物語…。

    貧乏な少年・フランチェスコを喜ばせるため、べファーナの店のショーウィンドウに飾られていたおもちゃたちは、電気機関車の青矢号に乗って、雪の町へくりだします。
    個性豊かなおもちゃたちの会話に楽しい気持ちになり、貧しい人々を笑顔にさせたいと一行を離れるおもちゃのエピソードに優しい気持ちになりました。
    気どりやさんだった桃色人形が、雪の中、門の陰で眠っているおばあさんのもとに残ると決意を固めたこと、そしてその後に起こったことに、思わず涙ぐんでいました。

    雪の中を、おもちゃをたくさん乗せた青い電気機関車やインディアン人形、カウボーイ人形が行進していく様子を想像するとわくわくします。
    おもちゃたちの、子供たちに喜んでもらいたい、という気持ちも読者の心をあったかくしてくれました。
    この物語こそ、ロダーリから子供たちへの最高のプレゼントだと思います。

  • 作中に出てくるベファーナとは、子どもたちにおもちゃをあげる、イタリア版サンタクロースです。サンタのように誰にでも分け隔てなくあげるのではなく、子どもがおもちゃをもらうには条件があります。意外と商売気質というか現実的な存在でそれがファンタジー色の強い物語のなかで地に足ついたところが面白いです。
    そんななかおもちゃをもらえなかったフランチェスコのため、彼に会いに店を飛び出す子犬のおもちゃコイン。コインは健気で可愛く、ちょっと印象が弱いですが、代わりに一緒にやってくるほかのおもちゃはみんな個性豊か。クリスマス前に読んでほしい本です。

  • とてもいい話だった。やさしい話だけれども、子どもたちの境遇は悲惨で、映画館で深夜まで働き学校へ通うこどもやご飯がなくて食べるものもない子どもが出て来る。おもちゃの犬はひとりぼっちの寂しさから自殺を図ろうと線路の上に横たわったり馬車の前に身を投げだしたりする。そんな可哀想な人々にも温かい目線でやさしいお話を作ってくれるのがロダーリのとてもいいところである。

  • 図書館で偶然見つけた本。
    イタリアではベファーナというおばあさんの姿をした魔女が1月6日の前夜に子どもたちにプレゼントを持って行く。
    貧しくておもちゃを貰えない少年フランチェスコを見て、ベファーナのお店からフランチェスコの家に行こうと冒険に出たおもちゃたち。
    そのおもちゃたち、ベファーナ、フランチェスコのそれぞれのお話が書かれている。

    児童文学と侮るなかれ、とても面白い。
    おもちゃたちの冒険も面白いし、ベファーナも厳しいだけで終わるのかと思いきや…だし、フランチェスコも青矢号を手にすることができると思いきや…だし、いろんなことが面白く、どうなるのかとワクワクする。
    2010年に出版されていて新品同様で図書館に置いてあったけど、あんまり読む人がいないのかな?
    いい本だから、いろんな人に読んでほしいな~。

  • オモチャたちが脱走する話。

    オチに驚いた。

  • 現在入手できるのは改訳されて少年文庫に収められた『青矢号 おもちゃの夜行列車』。
    でも、挿絵はリウニティ社版から採ったというM.E.アゴスティネルリのものがいいと思うので、1965年刊行の「岩波ものがたりの本1」として出されたこの旧版が好き。
    チェコのアニメーションによくあるような、おもちゃたちが自らの意思を持って子どもたちにプレゼントされようとするストーリー。
    ロダーリは『チポリーノの冒険』等貧困や不正に対して果敢に闘う冒険ものが得意な児童文学者。本職はイタリア共産党発行の子ども新聞の編集者でした。
    なのでソヴィエトで支持されたのだろうけれど、親が貧しいためにプレゼントを貰えない子どもたちのためになろうという、おもちゃたちの言動が泣かせます。

    なお、この絵本のストーリーが展開するのは、クリスマスから約2週間後のエピファニー(1月6日)です。
    (イタリアではクリスマス・イヴではなく、エピファニーの日にプレゼントを貰うのです。)

  • イタリアでは子どもたちにプレゼントを持ってくるのはサンタクロースではなく、ベファーナというおばあさんの魔女。そんな1月6日のイタリアを舞台にしたこの作品。図書館の冬に読みたい本という特設コーナーで見つけて借りたけど当たり。貧しいひとりの少年におもちゃを届ける為青矢号という電気機関車に乗って店を抜け出したおもちゃたちの冒険譚。ロダーリの本は本当に夢があっていい。コインが最後幸せになれて良かったね!2012/061

  • 貧しいフランチェスコが勇気を振り絞ってベファーナさんのお店に入り「どうして自分はプレゼントをもらえないのか?」と尋ねたり、子供らしい哀願するような眼差しでショーウインドーに張り付きおもちゃたちを眺めたり、現実の厳しさに涙を流すのを見てショーウィンドーに飾られたおもちゃ全部がもらい泣きをしてしまう様子等々は、一気に感情移入させられちゃって、おもちゃたちが申し合わせておもちゃ屋さんを脱走してフランチェスコの家を目指す相談を始めるな~んていうナンセンス極まりないプロットにも目いっぱいの説得力が漂っちゃうように感じられる筆力の素晴らしい事!!

    そしてここで登場するひとつひとつのおもちゃが、いいんですよ~。  イマドキの小学生あたりだったら見向きもしないかもしれないレトロ感いっぱいのおもちゃばかりなんだけど、KiKi の子供時代には王道だったおもちゃの数々。  ぬいぐるみもあれば、模型飛行機もある。  物語のタイトルになっている「青矢号」はいわゆる鉄道模型(しかも駅長さんやら機関士やら車掌付き)だし、彼らがベファーナさんちを脱走する際に土木工事に使われるのはブロック模型。  大砲一門を備えた軍隊(将軍付き)模型もあれば、インディアン一族の模型もありと想像するだけでもワクワクするようなおもちゃばかりなんですよね~。  液晶画面の中でピコピコ動く昨今のおもちゃも決して嫌いじゃないけれど、こういう「ごっこ遊び」ができるおもちゃってやっぱり夢があっていい♪

    (全文はブログにて)

  • 4~5年向けとあり。イタリアのおはなし。クリスマス。
    おもちゃが脱走してフランチェスコのところへ向かうのだけれど、おもちゃがひとつずつ、自分たちにぴったりとあった人々のところへ残っていく。それぞれのおもちゃの個性を活かしたキャラクターになっていて、ユーモラス。季節を選ぶけれど、いつか小学生に紹介したい。

    冬、クリスマス、泥棒、脱走、おもちゃ、突然消える、夜行列車。

  • ロダーリの優しさに溢れた児童文学。
    おもちゃが命を持って、動き出すというワクワクする設定がたまらない。
    「悪い子供なんていない」というロダーリの信念に溢れていて、ハッピーエンドが気持ち良い。

全11件中 1 - 10件を表示

ジャンニ・ロダーリの作品

ツイートする