ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

制作 : 神宮 輝夫 
  • 岩波書店
4.13
  • (22)
  • (12)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 253
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141702

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4人の兄弟は、とてもたくましく楽しんでいるなあと思った。少し船を動かしているところの描写が分かりにくかった。私は日常生活でほとんど船に触れないから。タフィーを糖蜜と言ったり、ジュースをラム酒と言ったりしているところが子供らしくて、面白かった。

  • こどもの頃、祖母の家にあった児童文学全集で「山の伝書ばと」を読んで感動したのが、もうウン十年も前。


    今も記憶に残るその作品が、ランサム・サーガと呼ばれるシリーズ内の一作「ツバメ号の伝書バト」だと気付いたのは最近の事です。


    そんな訳で、期待大で読み始めました。

    大人になり、母親になった自分ですが、何より感銘を受けるのはウォーカー兄弟のお母さん。

    無人島でキャンプ中のこども達が興じるごっこ遊びにも、きっちり乗っかります。

    素敵です。

  • 冒険とか、海とか、そういった類のものが苦手なので特に何も感じることなく読んでしまった…。下巻では面白くなるかな?

  • [日販MARCより]
    ウォーカー家の4人兄弟は、小さな帆船ツバメ号に乗って、子どもたちだけで無人島で過ごす。湖の探検、アマゾン海賊との対決…。自然の中で遊ぶ楽しさがいっぱい。40年にわたって親しまれてきた冒険の物語。

    [BOOKデータベースより]
    ウォーカー家の4人きょうだいは、小さな帆船ツバメ号をあやつり、子どもたちだけで無人島ですごします。湖の探検、アマゾン海賊との対決…自然のなかで遊ぶ楽しさいっぱいの冒険物語。シリーズ第1巻。小学5・6年以上。

  • ノロマの私にはこんなことできないな~と感心しきり。

  • 大分前に購入したのですが上下巻だし何となく読まずにおいてあった本です。風邪でゴロゴロしていたので読み始めたのですが読みだしたらすぐに読み終わってしまいました。

    それにしてもなんてしっかりした子供たちでしょう。私だったらキャンプのことも船のことも彼らの1000分の一も知らないので途方に暮れるだけでしょう。(まあ彼らの航海士よりは料理は出来そうですが)

    そして周りの大人たちがステキです。特にお母さんが素敵だなあ。きちんと確認することは確認し、必要なものだけ提供して後は自由にさせてくれる。何ともはや。素敵な原住民です。
    こんなしっかりした子供にはもうなれないのでせめて良い原住民ぐらいにはなりたいなあ、と思いました。
    面白かったです。

  • 新訳がどんな感じか知りたいです♪

  • 子供の頃に読んでいたら人生が変わっていたかもしれない本。

  • 小学5年生か6年生の時に、この「ツバメ号とアマゾン号」シリーズを親が買ってくれ、12巻を夢中で読んだ、大のお気に入りでした。何回も何回も読み返したものでした。それが岩波少年文庫で出版されたことを知り、再度読みたくなり子供のためではなく、自分のために買ってしまいました。

    ストーリーは忘れていたので、けっこう新鮮に読めました。4人の主人公の冒険、夏休みの湖での大冒険、未開の地になぞらえて。

    子供の時ってこんな感じだったよなー、と思い出しながら上下巻を読みました。

全31件中 21 - 30件を表示

ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)のその他の作品

アーサー・ランサムの作品

ツイートする