ツバメの谷(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

制作 : 神宮 輝夫 
  • 岩波書店
4.50
  • (9)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001141733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (No.11-36) 児童書です。上・下巻をまとめて書きます。

    内容紹介を、表紙裏から転載します。
    『「ツバメ号とアマゾン号」の冒険から一年後、再び懐かしい湖にやってきたウォーカー家の4人きょうだい。新たに発見した秘密の場所「ツバメの谷」でキャンプを始め、また冒険に乗り出します。
    ブラケット家の厳しい大おばさんの監視もなくなって、やっとナンシイとペギイが合流。6人は、カヌーや山登りを楽しみます。ところが帰り道、ティティとロジャが霧にまかれて迷子になってしまい・・・。』

    シリーズ2巻目の新訳です。今回は以前読んだ旧訳のことは気にしないで読みました。ポリッジのところで、ああ今回はポリッジ!とにやっとしてしまいましたが。

    ストーリーは自分ではかなり覚えていたと思っていましたが、あら~、彼らが冬にも会ってたなんてすっかり忘れてました。キャンプは一年ぶりだけど、この前の冬休みにはキャプテン・フリントのハウスボートで楽しい時を過ごして、毎晩物語を作ってたんですって・・・・。

    今回は大おばさんが登場することで、この物語は子供たちがすごす理想の夏休みなんだということが、なおいっそう強調されたように思います。きっと普通ならこの時代、大おばさん監督の下できちんとしたドレスを着て馬車に乗り、よそのご家庭に訪問していたナンシイやペギイのような生活が、ある程度上流の子どもの夏休みの過ごし方として当たり前だったのかなと・・・・。だってお嬢さんなんだし、もう少ししたらスーザン、ナンシイ、ペギイは社交界にだって出て行かなくてはいけない年でしょう。
    アーサー・ランサム自身はまさにこのウォーカーきょうだいのような休暇を過ごしたそうですが、素晴らしい体験ですね。アーサーと、弟、二人の妹、彼らがウォーカーきょうだいのモデルなんでしょうか。

    私はいつもティティが気になります。ジョンとスーザンは、いつどこで生まれても、きっとそこに適応して上手くやっていくでしょうし、ロジャは、まわりがどうでもロジャらしく生きていくでしょう。でも、ティティは環境次第では生きていくのが大変だろうなと・・・・。
    その繊細な取り扱い注意のティティを、きょうだいとお母さんはなんて良く理解しているんでしょうか。
    今回も、ティティの胸を痛めることがおきました。ティティの気持ちをなだめるために皆が気をつかいます。でもやっぱり一番効き目があったのはお母さんに話したことでした!

    この物語が新訳になったことで、長く読み継がれていくことを期待できますね。嬉しいです。

  • 本当に読めて幸せになれる本でした。
    子供たちだけの世界での、ひと夏の
    ちょっぴり、いや、かなり背伸びした本格的な冒険。

    最初に船を難破させるというトラブルこそ
    起こしてしまいますが
    その後は何とか立て直して
    カンツェンジェンガへと登ることとなります。

    ですが、そこでも彼らには
    またもや試練が待ち受けています。

    前の巻と比べれば
    いろいろと事情が変わって
    はじめはなかなか世界観に入ることができませんでしたが
    面白かったです。

  • 今作では1年ぶりの夏休みを謳歌しようと張り切っていたウォーカー家の兄妹を物語の冒頭で事件が襲います。  ちょっとした長男ジョンの判断ミスからツバメ号が座礁、そして沈没・・・・・。  ウォーカー父さんが言うところの「ノロマ」な失態に落ち込みつつもこのミスからの立ち上がりが凄い!!  ジョン船長はどこかの国のフェリーの船長とは大違いでクルー全員を小さい順に逃したうえで、沈没した船をすくいあげるための方策までちゃんととったうえで船を離れ、全員が無事に避難できたところでまずホッと溜息です。

    そうそう、生きていく中では「思ってもいなかったこと」やちょっとした判断ミスでトラブルが起きるのは決して珍しいことじゃない。  不運にもそれが起こってしまった時にどんな行動をとることができるのか?が一番大切であることをこの兄妹は彼らの行動を通してやんわりと教えてくれます。  船の修理の大掛かりな部分はキャプテン・フリントの尽力やら本職の船大工の力が必要だったけれど、沈没した船を自分たちだけの力で引上げるあたりの描写では、不覚にも思わずうっすらと涙目になりつつ読み進めました。  

    さて、冒頭でそんな大事件が起きちゃったので、彼らのヤマネコ島でのキャンプ生活の貴重な足を失なってしまって、彼らの夏休みはどうなっちゃうのかしら?とやきもきさせられたんだけど、そこはさすが肝っ玉の太いウォーカー母さん。  転んでもただでは起きない兄妹が新たに発見したキャンプ地をちゃんと偵察したうえで、予定外の場所でのキャンプ生活を快く認めてくれます。  このウォーカー母さんの絶大な信頼の根っこには時に「現地人化」(≒ 常識人化)する長女スーザンの存在が欠かせません。

    このスーザンのバランス感覚が物凄いんですよね~。  兄妹全員が「子供達だけのキャンプ生活」をしつつもある一定の規律からはみ出さないように、病気にならないように、怪我をしないように、少しでも気持ちよく過ごせるようにとありとあらゆる細かいことに気を配り、それでいて必要以上に口やかましくもなく、子供らしい遊びの世界でのノリだって悪くない、本当にできた女の子なんです。  子供達だけのキャンプ生活の中ではウォーカー家の小さなお母さんの役割を「自分が果たすべきもの」と考えて、黙々と実行している姿には尊敬の念すら覚えます。

    そして兄妹の中では一番「夢見る夢子ちゃん資質」の高いティティが実にいい!!  どこか空想の世界に浸り切っちゃって空想と現実の境が曖昧なところもあるティティだけど、ハイキングの途中で霧にまかれて迷子になったうえに弟のロジャが捻挫をして動けなくなってしまうと、ちゃんと現実的な判断を下し、勇気をもってそれを1人で実行できる姿に感動ものです。  ホント、何て理想的な子供達なんでしょうか!!  理想的でありながら、嘘っぽさが実に少ないのも彼らの特徴だと感じ入ります。

    大きな災難がありつつも夏休みを謳歌しているウォーカー家の子供たちと比較してアマゾン号のクルー(ブラケット家)の2人姉妹は・・・・と言えば、こちらは物語初出の当時の常識人、大おば様の出現で海賊稼業に精を出すことができません。  もしも子供時代にこの物語を読んでいたら KiKi にとってこの大おば様は「嫌いなキャラクター No.1」だったこと間違いなしだけど、彼らの階級を考えたらそっちが普通でウォーカー兄妹、ブラケット姉妹の方が異端児だったのかもしれません。

    それにしてもイギリスを舞台にした物語ではたいていの場合悪役が「大おば様」なんですねぇ。  思い起こせばあの「キャンディ・キャンディ」でも大おば様は読者の大敵だったっけ・・・・・。  どうも「大おば様」という音でイメージするキャラクター・デザインがあの「キャンディ・キャンディ」の大おば様になってしまうのは KiKi だけかしら??  

    その大おば様をブラケット家から追い出そうと画策するティティの行動がこれまた子供らしさ炸裂です。  まあ、あまり褒められた行動ではないけれど(何せ呪いをかけようとするんですから!)、その黒魔術使用時の失敗をものすご~く気にするあたり、ティティが本当はとっても「いい子」であることを感じさせます。  

    個人的に物凄く好きだったのは、目の上のたんこぶ、ブラケット家の大おば様が去り、久々に全員が揃って「カンチェンジュンガ」と名付けた山に登り、ケルンの石積みの下から宝物を見つけるシーンです。  それは何十年も前にキャプテン・フリントとブラケット家のお父さん & お母さんが同じ山に登ったことを記念して残した物なんだけど、そこには彼らが同じ山をマッターホルンと見立てて登ったことが記されていました。  ここを読むとツバメ号 & アマゾン号の子供たちを取り巻く大人が揃いも揃って素晴らしい理由がわかるような気がするんですよね。  つまり、子供らしい子供時代を過ごした大人だけが、真の大人らしい大らかさでもって子供達を見守ることができるいうことなんじゃないかな・・・・・と。

    親世代が残した紙の裏側に、同じ文面で(但し山の名前だけ変えて)頂上征服宣言を書き記したあとの子供たちの会話が耳に残ります。

    「あなたが見つけたんだから、あなたが戻しておきなさいよ。  そうすれば、たぶんまた30年たったとき・・・・・」

    (中略)

    「今度はもう、何十年、何百年経って、人々がすっかり型の違った服を着るようになるまでは、見つかりゃしないわよ。」

    「たぶん、見つけるのは、ちょうど私たちのような探検家でしょうね。」

    何だか人が生きていくうえで本当に大切なことが凝縮されている言葉のような感じがして、同じ箇所を何度も読み返してしまいました。  

    ようやく修理を終えたツバメ号が戻ってきて、ツバメ号とアマゾン号がレースをするシーンも素敵でした。  帆いっぱいに風を受けたツバメ号の描写は、まるでその風を受けてツバメ号が微笑んでいるかのようで、操船な~んていうことをしたこともない KiKi までもが何だか嬉しくなってしまいました。  残念だったのはせっかく細かな描写がいっぱいあるのに、操船の何たるかを知らない KiKi にはそれをありありとイメージすることができなかったこと。  それでも微笑むツバメ号だけはイメージできたのですから、それで良しとしておきましょう。

  • 子どもの頃、子どもだけで生活するという設定のドラマやアニメにはまり、そういう生活ができたら、と夢想した日々を思い出しました。でも絶対実現不可能なこともわかっていて…。
    ところが本作と前作には、ぎりぎり、こういう生活ならできるんじゃないか、と思わされます。もちろん、それにはキャンプの技能をはじめとする最低限のサバイバル技術が身に付いていないといけないし、当然、周囲にはそうした子どもの技能の見極めができ、かつ見守ることのできる大人が複数いることが条件なのだけれど(もう一つは霧に巻かれても即、死につながらない自然環境も必要かな。日本の山で霧に巻かれたら、沢に落ちるとか低体温症になるとか、悪くすると文字通りクマに襲われるとかの危険がいっぱい)。
    下巻、さまざまな陸上の冒険がおきるけれど、やはり圧巻は新生ツバメ号とアマゾン号のレース。浅瀬を突っ切るジョンの操船技術は親父仕込みですね。

  • 一度単行本で読んだので再読になります。

    前回の感想はこちら↓

    http://d.hatena.ne.jp/lovelyplace923/20100809


    前巻から1年後の夏。

    ツバメ号が座礁してしまっただけでも大変なのに同盟者であるブラケット姉妹が大おばさんの監視からなかなか逃れられない問題も発生・・・

    でも、ティティとロジャがツバメの谷を発見して新たな冒険が楽しめたのはよかったです。


    一番ドキドキしたのはティティとロジャの冒険。

    霧に巻かれてしまったうえ、ロジャが怪我をして動けなくなるところや、気持ちを奮い立たせてティティが助けを求めに単独行動をすると決めた場面は特に印象に残りました。


    後半、皆でカンチェンジュンガに登る場面も大好きです。

    そして思いがけず宝物を見つけるところも。


    ツバメ号が修理され、大おばさんが帰ってくれて(笑)行った最後のレースがなんとも爽快でした。

    ツバメの谷での冒険も素晴しいものだったけれどやっぱり湖がいいんでしょうね。


    文庫の楽しみは訳者あとがきと解説。

    どちらもよかったのですが高柳佐知子さんの解説が印象に残りました。

    高柳さんと同じく私も大人になってからこのシリーズと出会いました。

    子どもの頃からの読者に比べるとかなり遅れをとっているので残念に思っていましたが、


    >子どもの頃にたくさん遊んだ思い出があったから、大人になって読んでもランサムの物語に夢中になったのだと思います。


    というのはそんな気持ちを明るくふっ切ってくれるようで共感できました。


    これからの続巻は未読。

    より一層楽しんでいきたいと思います。

  • みんながそれぞれ個性を発揮していて、そこがとても面白かった。ロジャの、年上の人への接し方が素敵だと思った。みんなアクシデントにも慌てふためくことなく、それぞれが何をできるか考えて行動しているところが、たくましいなあと感心した。
    最後のところで、ツバメ号はどのようにしてアマゾン海賊に勝ったのか、よくイメージできなかった。やはり船にもう少し詳しくなければならないのかもしれないが、勉強するのは面倒くさい。

  • 内容情報
    [日販MARCより]

    ブラケット家のきびしい大おばさんの監視もなくなって、ようやくナンシイとペギイが合流。6人は、カヌーや山登りを楽しむが、帰り道でティティとロジャが霧にまかれて迷子になってしまい…。夏休みの冒険、下巻。
    [BOOKデータベースより]

    ブラケット家のきびしい大おばさんの監視をなくなって、やっとナンシイとペギイが合流。6人は、カヌーや山登りを楽しみます。ところが帰り道、ティティとロジャが霧にまかれて迷子になってしまい…。小学5・6年以上。

  • ヤマネコ島でキャンプしたいなあ。

全8件中 1 - 8件を表示

ツバメの谷(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)のその他の作品

アーサー・ランサムの作品

ツイートする