エーミルとクリスマスのごちそう (岩波少年文庫)

制作 : 石井 登志子 
  • 岩波書店
3.90
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001142112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エーミルは憎めない、かわいい子だわー

  • 救貧小屋がこんな時からあったということに少し驚き、また、それを子ども向けの物語の中にも隠さず描くところに、子ども向けの本に対する作者の姿勢が伺えるような気がする、

  • 天下無敵のエーミルは今回も凄いいたずらを披露してくれたけど、馬を手に入れたり(馬の気持ちがわかったうえ)、お年寄りに優しくしたりとすこし成長した感じがする。
    でもいたずら人形はずい分たまったよねぇ。

  • 痛快な物語。
    娘の反応は相変わらずだけれど、それでも魅力的な物語にグイグイと引き込まれました。
    エーミル。なんて、賢い子なんだろうなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1907~2002年。スウェーデンの国民的児童文学作家。「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」「ちいさいロッタちゃん」など数々の名作を生み、「子どもの本の女王」と呼ばれた。国際アンデルセン賞受賞。

「2015年 『こんにちは、いたずらっ子エーミル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エーミルとクリスマスのごちそう (岩波少年文庫)のその他の作品

エーミルとクリスマスのごちそう (岩波少年文庫) Kindle版 エーミルとクリスマスのごちそう (岩波少年文庫) アストリッド・リンドグレーン

アストリッド・リンドグレーンの作品

ツイートする