エーミルの大すきな友だち (岩波少年文庫)

制作 : 石井 登志子 
  • 岩波書店
4.36
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001142129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつて息子と読んだ時も、号泣してしまった最終巻。
    これまで、息子と違って、冷静に物語を楽しんでいた娘と一緒では、やはり、違う感じで終わるのだろうかと思っていたけれど、ここは、やっぱり号泣で終わりました。
    娘と二人、涙をぬぐいながらの読み聞かせタイム。
    母は号泣のあまり、途中、何度も読むことをストップしてしまいましたが、なんとか、最後まで読み終えることが出来ました。
    娘と二人、「良かったね。」と手と手をとりあった読書。
    エーミル。こうこなくっちゃね!

  • いたずらだけど、優しい子よ~

  • シリーズ最終巻
    大好きな友だちのアルフレッドの命を助けるため吹雪のなかを走るエーミルと馬。
    今までのいたずらは全部帳消しになるくらいの活躍でした。泣きました!
    大好きなエーミルです。でも、自分の子どもなら毎日大変だろうなぁ・・・

  • 岩波少年文庫の2012年12月発行の一冊。
    リンドグレーンの世界にぐいぐいと引き込まれていた印象。
    岩波少年文庫50周年(2000年)の新装刊から、文字がひと廻りほど大きくなり、(ほぼ)総ルビとなっている様子。親の手元の古い版では、岩波少年文庫はまだまだと思っていたのだけれど、とても読みやすくなっている印象。このエーミルも3日ほどで一人で読了していた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1907~2002年。スウェーデンの国民的児童文学作家。「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」「ちいさいロッタちゃん」など数々の名作を生み、「子どもの本の女王」と呼ばれた。国際アンデルセン賞受賞。

「2015年 『こんにちは、いたずらっ子エーミル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エーミルの大すきな友だち (岩波少年文庫)のその他の作品

エーミルの大すきな友だち (岩波少年文庫) Kindle版 エーミルの大すきな友だち (岩波少年文庫) アストリッド・リンドグレーン

アストリッド・リンドグレーンの作品

ツイートする