ゾウの鼻が長いわけ――キプリングのなぜなぜ話 (岩波少年文庫)

  • 岩波書店
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001142211

作品紹介・あらすじ

知りたがりやのゾウくんはリンポポ川へいって、ワニは何を食べるの?と質問しますが、まんまとワニに鼻をかまれてしまいます。ゾウ、ラクダ、カンガルーなど、さまざまな動物がもつ特徴の由来を、あそび心いっぱいに物語る12のお話。小学3・4年以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙の絵はかわいらしく、子どもも手に取るが、中を見てやめてしまった3年生女子。

    大人が声に出して読んであげたい。

  • さまざまな動物の特徴の由来を楽しみながら知ることができる作品である。

  • 中学年向き。子どもの素朴な疑問に、昔話の語り風に答える本。短編のおはなしは、表題のように思わず目を引くものばかり。ジャングルブックでお馴染みの、キプリングの面白さが詰まっている。

  • 文章の語感がいい。各話の終わりに作者のイラストと解説があるのも楽しい。なぜ表紙だけ違う人の絵なのか、ちゃっと惜しい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

英国の小説家、詩人。大英帝国統治下のインド・ボンベイに生まれる。5歳からイギリスで学び、その後、インド・ラホール(現在のパキスタン)で新聞記者として働いたのち、世界を広く旅する。代表作に、『人生の悪条件』、『ジャングル・ブック』など精力的に作品を発表。1907年に英語圏初、史上最年少でノーベル文学賞を受賞。

「2021年 『キプリング童話集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラドヤード・キプリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
フランシス・ホジ...
モーリス・センダ...
モーリス ドリュ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×