ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 (岩波少年文庫)

制作 : 渡辺 茂男 
  • 岩波書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001142341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書かれたこの時代、ウーマンリブの影響を受けたのかな。今で言うジェンダーとかフェミニズムとか。でもリーダー置き去りで逃げ帰ちゃって助けようともしない所が甘いですな。そのあたり「やっぱり女は…」とか言われそう。まあ、主人公が女(メス)で作戦成功してるから救われてるけど。大公妃になんの制裁も罰も無かったのが残念。ざまぁ、が見たかった。

  • そう簡単に事件が解決するわけないよね~
    ミス・ビアンカどうするんだろう?って気になる
    児童書らしく絶望的にはならないとはしても
    なかなかの冒険、面白かったです
    この本を読んで女の子たちは勇気をもって成長してほしいですね!!
    最後に荻原規子さんの解説がありますよ~!

  • 映画は、この2作目を元にしてるのだな…。ということがわかりました。

    児童虐待っぷりが酷くて、読んでいてけっこう辛かった。
    映画がやたら暗い印象の作品だったのは、原作のせいだったのだな…。

全3件中 1 - 3件を表示

マージェリー・シャープの作品

ツイートする