かじ屋と妖精たち――イギリスの昔話 (岩波少年文庫)

著者 :
制作 : 脇 明子 
  • 岩波書店
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001142525

作品紹介・あらすじ

「ジャックと豆の木」など有名なお話から「鳥の合戦」など大冒険のお話まで、選りすぐりの31編を収めます。ゆかいなお話、ふしぎに出会うお話、知恵が役に立つお話、こわくてドキドキするお話、女の子が幸せをつかむお話……読んでよし、聞いてよしの名訳で、昔話の世界をたっぷりとお楽しみください。【絵・堀川理万子】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岩波少年文庫創刊70周年記念展 “本は一生の友だち”  | 教文館ナルニア国
    https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/6119b74d

    表紙・挿絵原画展 in ナルニアホール
    堀川理万子 『かじ屋と妖精たち イギリスの昔話』より(9月中旬刊行予定)
    舘野鴻 『チョウはなぜ飛ぶか』より
    本田亮 『あたしのクオレ』より
    五十嵐大介 『ジャングル・ブック』(表紙のみ)
    出久根育 『お静かに、父が昼寝をしております ユダヤの民話』(表紙のみ)
    牧野千穂 『まぼろしの小さい犬』(表紙のみ)

    かじ屋と妖精たち - 岩波書店
    https://www.iwanami.co.jp/book/b527912.html

  • 「選りすぐりの31編」ということで、長い物語が苦手な子にも勧められるかと思って読みましたが、そういう子にもハードル高そうだと思いました。
    何度も読んであげながら、大人も楽しみたい。

  • 帯:巨人の足音にふるえ、美しい妖精に出会う――
    新しいイギリスの昔話集が誕生しました!
    少年文庫オリジナルアンソロジー【堀川理万子 絵】

  • 選りすぐりの31編を集めた昔話の世界を存分に楽しめる作品である。

  • イギリスの昔話としてよく知られているものや、あまり知られていない昔話もあり、興味深かった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

脇明子

「2018年 『ねこのオーランドー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脇明子の作品

ツイートする
×