シャーロック・ホウムズ バスカーヴィル家の犬 (岩波少年文庫)

制作 : Arthur Conan Doyle  林 克己 
  • 岩波書店 (2000年11月17日発売)
3.63
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001145243

シャーロック・ホウムズ バスカーヴィル家の犬 (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  別にマニアでもシャーロキアンでもないので、中学生向きで十分であります。考えてみればまともにコナン・ドイル読むのもはじめてでありまして。
     あれだけ魔犬の言い伝えを振っておいて、ちゃんと犯行に犬を使うあたりが、最近のCSIやらシャーロックホームズinNYやらにはない素直さというか古風さだと思いました。犬が来るぞと思わせて別の手口を用意したり、最近の推理ドラマは相当複雑になっておるものなぁ……

  • 言わずと知れた名作。まあ某ドラマの影響で興味を持ったわけですが。
    へーこの人こういう設定だったのか、となりたい方にお勧め。

  • こわかった!!

  • ホウムズの本は未読でした。初めて読んだのが、知人が薦めるこれ。シャーロックホームズというと古くさい印象だったのですが、たちまち払拭され、素敵♪でした(笑) 犬がキーワードなんですが、使い方が上手く、恐怖感、不気味さを最後まで漂わせます。推理小節はチャンドラーが好きだけど、これは子供たち(高学年以上かな…)とも一緒に楽しめていいな。

  • KiKi の記憶の中ではこの魔犬がもっと頻出していて、不気味さをかきたててくれちゃっていたように思うんだけど、今回再読してみたら実は最後の方にちょっぴり姿を現しただけで、「あれ??  こんな風に呆気なく出てきて、しかも呆気なくやられちゃうんだったっけ??」っていう感じ(苦笑)。

    今にして思うと、ホウムズ・ワトソンコンビがこの魔犬の伝説を初めて聞かされるところから、まるで妄想のように自分の中でその犬のイメージを膨らませ、その後のバスカーヴィル館をとりまく荒涼としたムーアの描写の中で勝手にそのイメージをさらにおどろおどろしくしていたのは KiKi 自身だったのかもしれません ^^;

    (全文はブログにて)

  • ホームズ小説は一応読んだと思うんだけど、何巻か読んでないのもあるかも。
    これが一番好きです。
    ミステリ好きと言うとホームズ好きと勘違いされますが、詳しくないです・・・。
    現代ミステリが好きなんです;

全7件中 1 - 7件を表示

シャーロック・ホウムズ バスカーヴィル家の犬 (岩波少年文庫)のその他の作品

コナン・ドイルの作品

シャーロック・ホウムズ バスカーヴィル家の犬 (岩波少年文庫)はこんな本です

ツイートする