イワンのばか (岩波少年文庫)

制作 : 金子 幸彦 
  • 岩波書店 (2000年10月18日発売)
3.64
  • (20)
  • (26)
  • (44)
  • (5)
  • (0)
  • 262人登録
  • 37レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001145298

イワンのばか (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「トルストイの民話」を読んだのは大学生のとき。
    「人はなんで生きるか」は素晴らしいよと聞いて読んだけど、正直そこまでいいのかわからなかった。
    なんか、説教くさい感じがしたというか、小言を言われている気分になったっていうか。。。
    結局オチは神様かよ!とかいうツッコミをしてたのも覚えています。
    世界的な文豪に対してエラそうな態度ですね(笑)

    その「トルストイの民話」から代表作を集めたこの本を、なんでもう一度読む気になったのかはわからないのですが、なんだか読んでみたんですよ。
    そしたら、やっぱり名作は名作なんだなって思いました。
    自分が成長したってことかな?
    生意気さが減ったかな??(笑)

    昔は感じた“説教臭さ”だけど、ただの説教臭さではないなと思いました。
    読むとこまで読めていなかったのだなと。
    それをうまく言葉にできないのは私の未熟なところですが。


    きっと、読む年齢によって読み方が変わったり、面白くなったり、一回で終わらない魅力があるのも名作たるゆえんなのでしょうね。

    「本は、読まなくても本棚に置いてあるだけでいい。読めるときになったら手が伸びる。」とは私が大好きな絵本屋さんの言葉。
    もう一回読んでも読み方が変わる自分になったからまた手に取る気になったのかな?なんて思います。

  • 損得や世間体や面倒くささなど、色々なことを計算しながら行動するのが、私たちには当たり前だ。
    イワンや、国の人たちは、こういうことを全く考えない。それを「ばか」と表現されている。
    「お妃さまも、ばかになりました。・・・国には、ばかだけが残りました。」
    人が困っていたら、何も考えずに助けてあげる人たち。こつこつといくらでも働く人たち。
    すごい、と思いました。こんな生き方があるなんて思ってもみなかった・・・というか、現代の日本の大人の世界に生きていたら、退化してしまう感覚。そう、退化したのは私たちのほうで、彼らの正直さと勤勉さこそが崇高だと思った。
    トルストイの文学はキリスト教を根底に書かれているが、宗教観にとらわれず、普遍的でとても大切なことを教えてくれる。この本の中のどの話もすばらしかった。

  • 「ふたりの老人」のお話が一番好きです。 途中でタバコが飲みたくなって、連れ合いに遅れたおじいさんは食べるものがなくて、死にそうになっていた貧しい一家をあれこれ世話を焼いて助けてやります。水を汲み、食べ物を与え、ついには旅費を殆どこの一家が暮らしを立て直すために使い果たしてしまいます。せっかく楽しみにしてお嫁さんからお金を借りてまで苦労して出かけてきたのにです。ここでこの人たちを見捨てたらわしは自分の中の神様を失くすと言って。 ところが先に行ってしまった金持ちのおじいさんは聖地に着いてみると、遅れたおじいさんが一番いいところでお参りしているのを見て驚くのでした。 

  • 子供の時から繰り返し読んでいるトルストイの民話集。説教くさいところがあるし、プロットは単純で面白いとは言えない。それでも、何度読んでもこれらの物語には感動する。素朴な美しさに惹きつけられるからだと思う。畑で一生懸命に働くイワンとか、コツコツと靴を作り続ける職人のマルティンとか権力とは無縁で、地道に生きている人たちの美しさを、トルストイは愛情をこめて鮮やかに描き出す。私はキリスト教を信仰しているので、トルストイの信仰心の深さにも心を打たれる。トルストイを通して、キリストの優しさを感じる。

  • 初刊1955年。図書館本。

  • 今更ながら作者がトルストイだと知った

  • とても面白い話

  • 自分が好きなことを好きでい続けられるバカ力

  • 【Impression】

    あれや、イエスマンの元にでもなってんちゃうかって話やな。
    ただ上手いところで断るあたり、「馬鹿」とは何において「馬鹿」なのかを考える必要がある。

    イワンが無敵状態で過ごしているから、読んでてすっきりするわ。

    にしても、デブの商人のとこやったっけかで悪魔が露天で品物を干上がらせてしまう、って流れは恐ろしかった。
    経済学の本にも使えそう

    【Synopsis】 
    ●3人兄弟と1人の妹がいた。長男は優秀な兵士、次男は商人として成功を収めたが、三男は馬鹿で妹は耳が聞こえず喋れもせずというどうしようもない状況だった
    ●そこに悪魔と3匹の小悪魔が登場。3人を仲違いさせる目的で一度送り込まれたが、イワンのせいで防がれてしまい、再度妨害に向かう
    ●この度もイワンが全て長男次男の行為を許してしまい、さらに勤勉に働き、小悪魔達も次々と見つかってしまった。さらにイワンは小悪魔から能力を受けとり、全て追い返す
    ●親玉悪魔が登場。再起を果たした長男次男を滅ぼし、イワンのもとへ向かう。しかしことごとく失敗。そこで「なぜ身体を使ってしんどい働き方をするのか。もっと頭を使え。俺が説明してやる」という
    ●ところが意思疎通が取れておらず、イワンは文字通り「頭を使う」仕事だと思う。悪魔が連日ぶっ通しで民衆に語りかけるが通用せず、疲れから頭を壁に打ち付けてしまった
    ●それを聞いたイワンは「とうとう頭を使った仕事をはじめたか」と喜び見に行くと、階段を頭から転げ落ちる悪魔を見つける。そして例の如く地面に穴が開いていることを発見、悪魔だと見破ってしまった。ここでも悪魔はイワンの馬鹿を看破することはできなかった。果たして馬鹿とは何なのか

全37件中 1 - 10件を表示

イワンのばか (岩波少年文庫)のその他の作品

イワンのばか (英文世界名作シリーズ (A‐3))の詳細を見る 単行本 イワンのばか (英文世界名作シリーズ (A‐3)) レフ・ニコラーエヴィッチトルストイ
イワンのばか (岩波少年文庫 (2040))の詳細を見る 単行本 イワンのばか (岩波少年文庫 (2040)) レフ・ニコラーエヴィッチトルストイ

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R.L.スティー...
ミヒャエル・エン...
ヘルマン ヘッセ
ヘミングウェイ
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
モーリス ドリュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

イワンのばか (岩波少年文庫)に関連するまとめ

ツイートする