一握の砂/悲しき玩具 (岩波少年文庫 540)

著者 :
制作 : 奥 勝実 
  • 岩波書店
3.31
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001145403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生まれて初めて石川啄木を読んだ。
    びっくらこいた。あまりの暗さ、不快さに驚いた。
    こういうやつが現代に生きたら嫌なやつだろうな。
    岩波少年文庫に入っている理由は、こうなってはいけない
    という反面教師効果を狙ったのだろうか。
    生まれ変わりが嫌いなやつなのでつい書きました。

  • 都市生活の哀歓や,故郷である岩手県渋民村への思い,流浪をかさねた北海道時代を歌った歌集.『一握の砂』.26歳で終えた短い生涯の晩年の歌を集めた『悲しき玩具』.「一生に二度とはかえってこないいのちの一秒」を愛し,その思いを独特な3行書きのスタイルによる短歌で表現した啄木の2つの歌集を収録.

  • 病に倒れ早世した天才歌詠み人。貧困と病に生きた啄木の歌は物質的には恵まれた現代人の心に問いかけてやまないものがある。全ての人に一度は読んで欲しい啄木魂の書である。

全4件中 1 - 4件を表示

一握の砂/悲しき玩具 (岩波少年文庫 540)のその他の作品

石川啄木の作品

ツイートする