ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫)

制作 : 岩淵 慶造  Hans Peter Richter  上田 真而子 
  • 岩波書店 (2004年8月発売)
3.64
  • (3)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 54人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001145670

ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.08.11 図書館

  • おととい読了。「あのころはフリードリヒがいた」の続編。
    いくつものシーンが途切れがちに語られ、総体として「ぼく」が体験した時代が浮かび上がる。訳者あとがきには「事実に語らせる」方法によって感傷が極力排除されている、とあるけれど、ノスタルジックとは言わないまでも、振り返って書くからこその色は、そこかしこにあるような気がする。ナチ時代から学ぶことは、「事実」なるものがそうした色に依ってしか成立しえない、ということではないのかしら。
    原書もいつか、読んでみたいな。

  • 登場した作者の友達は無事復員できたのか。書いてない辺り、復員できたのは作者くらいなのでは。
    戦争はいやですね。戦争に盛り上がっていくあの独特な雰囲気もいやだ。

  • 「あのころはフリードリヒがいた」の続編となるこの作品。
    この作品は、ヒトラー・ユーゲントに入団した
    3人のドイツ人少年の経験を書いている。

    この作品を通して、少年達の中にも様々な葛藤が
    あったことが分かる。
    すぐに染まった者。
    何かおかしいと思いつつ、進むしかなかった者
    できるだけ抵抗した者など。
    でも、これはドイツだけの話だけでなくて
    戦時中は、日本でも同じようなことが
    多かれ少なかれ起きていたのでは
    ないかと思う。
    このようなことが二度と起こってはいけないと思う。

    この作品もリヒターの体験を基に書かれているので
    まえがきのリヒターの言葉がとても重い。

  • 冒頭の著者の言葉、「わたしは参加していた。〜わたしは、もう二度と信じないだろう。」が衝撃的で、読み終えるまで心臓の辺りでもやもやと沈澱していた。年号と共に付された「ぼく」の年齢が自分の歳に近づくにつれもやもやは濃くなった。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    『あのころはフリードリヒがいた』の続編。優等生のハインツ、時代の流れに素直には従えないギュンター、そして“ぼく”―ヒトラー・ユーゲントに入団した3人のドイツ人少年が経験したことは?戦争へ突入していく日々を淡々と描く。中学以上。

    この時代ティーンエイジャーだったドイツの男の子は多かれ少なかれこのような生活を送ったのだと思う。
    自分のおかれている状況なんて把握できるはずないと思うの。
    かなり冷静に思い出して当時の様子を書いてくれたのだと思う。
    16歳ですでに銃の扱い方を伝授されヒトラーの英雄とおだてられ、軍人がかっこいいものだと洗脳されれば志願兵になるよね、教育ってとても大事。
    この時代親も自分のポリシーを子供に伝えられなかったことも悲しい負の連鎖になっていたような気がします。

    Wir waren Dabei by Hans Peter Richter

  • あの頃はフリードリヒがいた、と同時期に進む物語。「ぼく」がフリードリヒのときの「ぼく」なのか、はじめはわからなかった。もうちょっと交じっていて欲しかったのかもしれない。
    ぼくは本当にあの頃のドイツの少年で、隔たれた世界にいた。善悪よりも、場に流されてしまう少年である。
    熱狂的なヒトラー派のハインツと共産党派の父をもつギュンター、ぼくの目線から見たこのふたりの友情と言うのは、一応ぼくも交えているが、ぼくとは一線はなれた堅い結びつきになっている。物語の最後に何もいえなくなる。

  • 「あの頃はフリードリヒがいた」の続編です。

  • 「あのころはフリードリヒがいた」に続くリヒターの本。ナチスに、戦争にだんだんと巻き込まれていくドイツの少年。他人事ではなく、自分もそこにいたのだという視点。あぁ戦争はいやだいやだ。11 Jan 2007

全9件中 1 - 9件を表示

ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫)のその他の作品

ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫) 新書 ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫) ハンス・ペーターリヒター

ハンス・ペーターリヒターの作品

ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫)はこんな本です

ツイートする