太陽の戦士 (岩波少年文庫(570))

制作 : チャールズ・キーピング  猪熊 葉子 
  • 岩波書店 (2005年6月16日発売)
3.85
  • (9)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001145700

太陽の戦士 (岩波少年文庫(570))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し読みにくいとこはあったけど、後半一気によめた。
    葛藤だとか、やっかみだとか、自分の越えなきゃいけないものだとか…
    いつ出会って、いつわかるんだろ。

    おとなが読んでも考えさせられる

  • サトクリフ氏の名前を知ったきっかけは、中山星香氏のコミックの後書きか何かだったと思う。
    感謝してます、もう足を向けて寝られない程度には。
    惜しむらくは大人向けに書かれた本の翻訳に日本語としてのセンスが欠如していること。
    ただ横のものを縦にすりゃ良いってもんじゃあるまいに……
    内容が良いだけに、本当に勿体ない。

  • 青銅器時代のブリテン国。輝く太陽を信仰している部族では一対一でオオカミに勝った者だけが戦士となり、緋色を身につけてもよいことになっていた。憧れの緋色のマントを纏える戦士となるには、青年の家へ行き学び、オオカミと戦う。部族の近くには、大地を信仰している黒人や、信仰は同じだが、混血人の羊飼いの部族もあった。
    舞台は、その黒人の羊飼いの老人、ドリとのやり取りから始まる。主人公は、右腕がダラリとして使えない男の子ドレム。人種の括りや掟の厳しい部族の中で自分の力をつけ、皆と対等に渡り合っていくが、自分の祖父は自分に期待していない、そして、母までもが内心は心配している事を知ってしまう。
    本当の気持ちを誰にも話せぬまま、唯一、大人になってから片腕になったタロアが自分がオオカミを倒したら証人となってやると約束してくれる。侮辱や挫折と向き合い、戦っていくドレム。味方になってくれるボトリックスとの友情にも支えられ、最後にはよい結末となり、部族の習慣ではない自分の意思で自分の身の上を決める。高学年からだが、訳文はやや難しい。6年生に毎週続けて読んだが、全ては読めないので、エピソードなどをかなり省略し、補足も入れながら読んだ。中高で、自分で読み直してもらえたらと思う。

  • 挫折、試練を乗り越えての復活という、とてもわかりやすい筋で、構成が見事なのだけれども。
    少年の挫折と復活という視点から言ったら、元の人々のもとへ帰れたのはいいことなんだろうけれど、彼には、羊飼いたちの中での復活を望んで、私は読んでいた。
    そうでないと、結局は、羊飼いである、征服された人々は、見下されたままに終わっているように思えたので。
    時代からして、そういうものなのだろうけれど。

  • 青銅器時代を舞台に、片手が利かない少年ドレムの挫折と成長を描いた物語。実に骨太です。そして何度も挫折しつつも進んでいくドレムの姿が素敵です。
    狼を倒すことによって一人前の戦士として認められる世界。そんな中で片手が利かないことが、どれだけハンデとなるか。しかしドレムは皆と同じスタート地点に立ち進んでいきます。自分の居場所探しという言葉がありますが、居場所は探すのではなく作るものなんですね。自分に与えられた境遇をどう受け止めるのか、それによって世界は広がっていく。
    族長の息子ボトリックスとの友情も熱くそして厚く素敵です。

  • 片腕のきかぬドレムは、愛犬ノドジロや親友にささえられ、一人前の戦士になるためのきびしい試練に立ちむかう。青銅器時代を背景に、少年の挫折と成長を描いた、サトクリフの代表作。中学生以上。

  • 主人公ドレムはちょっとした困難を抱えている。実力はあっても世の中は理不尽なこともある。挫折や失望に耐えながら成長していくドレムの姿にだんだんと、読みながら目が離せなくなった。終盤はじわじわと感動。心を動かされる本でした。小学校高学年でも読めるだろうけれど、中学生ぐらいの方がいいかな?

  • 青銅器時代という歴史の教科書でも比較的アッサリと(少なくとも KiKi の学生時代はそうだった)、あくまでも鉄器時代への通過点のように扱われ、想像・イメージするのが困難な時代が舞台です。  まあ、道具が違うだけで鉄器時代初期と文化的に大差はないのかもしれないけれど、それでも人間がどんな風に自然の中で自分の居場所を築いてきたのかがサトクリフの筆致で繊細 & 詳細に描かれています。

    KiKi は以前からイマドキの「自分探しブーム」というのにシニカルなスタンスを持ち続けているんだけど、この本には「自分探し」な~んていう言葉は出てこないものの「生き抜くこと」「自分の居場所を作ること」の本質が描かれていると思います。  この時代の人たちが真剣に探っていた「自分の居場所」はイマドキのそれとは大きく異なり、それを見つけることができない ≒ 動物的な意味での死(精神的な意味では決してない)を意味することだということが言えると思うんですよね。  まあ裏を返せば現代社会に於いては「死とは直結しない淘汰がある」とも言えるわけで、それはそれで厳しいものがあったりもするわけだけど、イマドキはどちらかと言うと「個人主義」の弊害とも言える社会における自分の存在位置の不明確化 → 幻想(理想ではなく)と現実のギャップ → 根拠の薄い「できるはずなのにできない」という思い込み → 苛立ち という構造が透けて見えるような気がして仕方ありません。

    KiKi はね、「夢見る事」を否定する気はないんだけど、「夢を持てなければ生きているとは言えないと考える症候群」とでも呼ぶべき強迫観念には疑問を持っています。  「生き甲斐」「やり甲斐」という言葉が安直に使われるけれど、そもそも「甲斐」ってどんなもの?と辞書を引いてみると、そこに1つの答えが書かれていると思うんですよね。

    (全文はブログにて)

  • 青銅器時代のお話です。
    過酷ですよー。
    こういう時代に生きていくためには自分の位置を見つけてしっかり確保しないとすぐさま淘汰されるんですよね。
    それはもちろん今でも同じですけど、今の時代だと淘汰=死と結びつくわけじゃないですもんね。
    死ではない淘汰がある、という意味では昔よりキツいという見方もできますけど。
    昨今流行っている「自分探し」などというものは私は全く興味がない、というより「ホントの自分」なんてそんな都合いいものなんかあるかい!と思うので大嫌いで、同じようなのに自己啓発とか自己実現とか、まあこういうの流行るのも総じてヒマやからやろうなあーというぐらいにしか思えませんのですけども、だからそういうんじゃなくてドレムのように一生懸命やれることを全力でやることこそが大事なんだなあとしみじみ考えてしまいました。

  • サトクリフの中での私の一番好きな本。
    初めてのサトクリフだったのかな・・・あんまり覚えてないけど、サトクリフを古本屋で探して見つけたときは嬉しかったー、別府のブックオフで即買して手が千切れそうになりながら歩いて家まで帰った。

全11件中 1 - 10件を表示

ローズマリ・サトクリフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ローズマリ・サト...
アクセル ハッケ
モーリス・センダ...
ミヒャエル・エン...
モーリス ドリュ...
上橋 菜穂子
ルーマー ゴッデ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする