旧約聖書物語(上) (岩波少年文庫)

制作 : 桂川 潤  阿部 知二 
  • 岩波書店
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001146066

作品紹介・あらすじ

イギリスの高名な詩人が、『旧約聖書』から重要なできごとを選んで、子どものために書き下ろした壮麗な物語。上巻では、天地創造、アダムとエバの楽園追放、大洪水とノアの箱船、モーセの出エジプトなどが語られる。中学以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔から砂漠の物語が好きである。
    何故かはわからないし、現実にはとても行きたいとは思えないのだけれど(^^;

    『ハウルの動く城』よりも、続編の『アブダラと空飛ぶ絨毯』の方が好きだったり(^^ゞ

    情報が多い事もあり、イメージがしやすい欧米諸国と比べ、
    未知なる砂漠の世界は、そのエキゾチックさや、豊かな富、黄金が映える褐色の肌…、または一夫多妻制といったわたし達日本人から見れば異質なライフスタイルだったり…、と妖しくもミステリアスな魅力に満ちている。

    この本でも一番好きな物語は、神に選ばれたためか幼い頃から数奇な人生を歩み、後には砂漠の国エジプトの王となったヨセフの話である。

    この物語があるからこそ、
    有名なモーセの出エジプト記や、その後のヘブライ人の苦難に満ちた長い旅へと続いていく。

    クリスチャンではないけれど、
    物語として読めば、聖書は面白い。

    特にキリストの生涯が中心になる新約よりも、
    旧約の方が物語のバリエーションも豊かで楽しいな、と、この本を読んで感じた。

    普通の聖書は、敷居が高いけれど(^^;
    英国の詩人が子ども達のために、心を込めて美しく書きおろした『旧約聖書物語』、入口としてオススメ^^

  • 色々な話の元になったり、名前だけ知ってたりする旧約聖書だけど、実際読んだことなかったので挑戦。
    大人向けの物だと絶対ギブアップしそうだったので、子供向けの文庫で挑戦。
    分かりやすくて子供向けで正解だったなと思った。
    なかなか面白い。

  • 長男へのベッドタイムの定番読み聞かせに用いた。ツタンカーメンの後はまた再び神話ということで聖書に挑戦。ただし今度は神話とは言っても、お話のメインは神を信仰する預言者たち。エデンの園の話などは楽しく読み進んでいったが、上巻の最後のもりあがりであるモーゼの出エジプトにいたるエピソードでは、ユダヤの神が、自分を信仰しないエジプトの王に対して、容赦なくとてつもない災害を引き起こす場面がえんえんと続き、子どもはすっかりげんなりしてしまった。特にいなごの群れの襲来が一番印象的だったよう。一番最後の、死の天使が長子をみなごろしにしていく災いの場面まで来ると、あまり怖がるので、ぼやかして語るしかなかった。確かに寝る前に読むものとしてはどうかという内容だったかもしれない。モーセの前のヨセフの話は悪くなかったのだが。下巻はまたいつか機会があれば読むかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

ウォルター・デ・ラ・メアの作品

ツイートする