少年キム(上) (岩波少年文庫)

制作 : 三辺 律子 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001146158

作品紹介・あらすじ

舞台は19世紀、英領インド。ラホールの町で生まれ育ったイギリス人の孤児、キムは、白人の風貌を持ちながら、現地語を自在にあやつる少年。やがてキムはチベットからきたラマと知り合い、"矢の川"を探して各地をめぐる旅に出る。新訳。中学以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賢い子どもと高僧が西遊記のように旅をして
    主人公の生い立ちがはっきりして、めでたしめでたし
    …なんていうようなお話ではなさそう?

    気持ちよく旅が進んでいく痛快さはよかったよー

  • L・ヒューズや金子民雄(『西域 探検の世紀』)が薦めていた冒険・少年小説。いわゆる帝国主義時代の植民地文学。上巻では、主人公の生い立ち、交友、白人学校への入学まで等が描かれる。図書館本。 214

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

イギリスの小説家、詩人(1865~1936)。イギリス統治下のインドを舞台にした作品、児童文学で知られる。代表作に『ジャングル・ブック』『少年キム』、詩「マンダレー」など。1907年にノーベル文学賞を受賞した。

「2016年 『ジャングル・ブック The Jungle Book』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラドヤード・キプリングの作品

ツイートする