カスピアン王子のつのぶえ (ナルニア国ものがたり (2))

著者 :
制作 : ポーリン・ベインズ  C.S. Lewis  瀬田 貞二 
  • 岩波書店
3.80
  • (23)
  • (25)
  • (41)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001150223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作の雪解けの春の息吹のシーンでも思ったけど、木の精霊たちが再び目を覚ますシーンとか、冬の終わり的な描写がめっちゃ上手いんだよな・・・。
    あとリーピチープのラストなんかこう・・・切なくなった・・・小動物がしにそうになるシーンに弱い・・・。

  • 子どもしか行けないナルニア国…!
    アスランに再会するところではちょっとうるっと。好きだ!

  • カスピアンいけめん。
    上の2人はもうナルニア国には入れないのか…
    それを告げられる場面がなかなか。

  • Prince Caspian: The Return to Narniaは1951年のC. S. LewisのThe Chronicles of Narnia第2作だ。瀬田貞二氏の翻訳には独特の味がある。例えば、「おどろき、ももの木、さんしょの木」、巨人の「天気てんくろう」等など、思わず音読してしまう面白い言い回しがある。

    物語の方は、ナルニアの意外な歴史が明らかになる。ますます、続きが見たくなること間違いなしだ。Edmundがすごく成長しているのもいい。勇敢なネズミReepicheepはなぜだか頼もしく見えてくる。Prince Caspianが幼少時代に、とても頭の良い質問でDoctor Corneliusを困らせているところは、思わずはっとさせられた。

  • クマの肉のりんご包みってどんな料理だろう…「まるであぶり肉にりんごソースをかけた料理になりました。」っておいしそう。
    アナグマの松露とりさんの、何度も出てくる「けものは心変わりをしない」っていう台詞に何故か惹かれました。ネズミやクマにも、それぞれの種代々の役割や性質があるようで、そういうのを調べてみたいな、なんて思ったり。

  •  C.S.ルイスの『ナルニア国ものがたり』は子供たちがナルニア国という不思議な魔法の国にワープしてしまうという物語です。当然、子供たちは勝手の分からない困難と遭遇します。子供たちが勇気と知恵を振り絞って問題解決と真摯に立ち向かうところが読者である我々に取って一番の見どころです。とりわけ私が好きなのは『朝びらき丸東の海へ』のラストシーンです。光輝く海の中を漂う朝びらき丸のイメージが忘れられません。

    文学部 T.Y


    越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=301785

  • 大人になって再読してはっと気付くこと、表現の豊かさに、う~んとうなること多々ありでした。

    言葉を忘れてしまった森の木々や動物たちを哀れに思ったし、
    アナグマの「ケモノたちは、こころ変わりをしません」の言葉に
    しみじみしたし、再読価値の大いにある一冊でした。

  • 「ライオンと魔女」に比べると、登場人物4人の成長があり、ストーリー性を感じ面白かった。

  • 持っているのはこの本。
    再読…
    4度目ぐらいかな?

    ナルニアのシリーズ2作目です。
    いったんは自分たちの世界に戻った4人兄妹が、電車を待っているときに、いきなり呼び戻される。
    角笛が吹かれたのだ!
    やはり、引きこまれますね!

    ネーミングが素敵です。
    飜訳は古めかしいけど、今の子もこれを読むの?
    ルーシィがキュート。
    アスランと出合うシーンが美しい。
    大人になりかけている長男長女の微妙な変化も読み取れます。
    ちょっと理解者になっているエドマンドも面白い。

  • ナルニアシリーズ第二弾。

    印象に残っているのは、
    現実時間とナルニア経過時間が大きく異なっていることと、
    黒白、二人の小人の性格・行動・生き方の違い。

    ピーターとスーザンのナルニア入りが最後になり、
    この世界は子どもしか来れないことが語られます。

    さすが、作者が子どもに読み聞かせるために作った絵本だ。

    BCC版は愛のある作り方、Disney版はカスピアン、かっこえぇ。

全20件中 1 - 10件を表示

C.S.ルイスの作品

カスピアン王子のつのぶえ (ナルニア国ものがたり (2))に関連する談話室の質問

ツイートする