わたしたちの島で (リンドグレーン作品集 (15))

制作 : ロバート・ヘイルズ  尾崎 義 
  • 岩波書店
3.93
  • (11)
  • (4)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001150759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スウェーデンの島、のんびりした日常生活でゆったりした気分になる。こんなふうに子どもは子どもらしくって言葉が似合う子どもたちっていいよね。なかなかこんな風景には会えない。

  • 父親のメルケルがアホすぎて笑える。
    p305「11 悲しみとよろこびは、いっしょにあるく」からが俄然面白い。ウサギが殺されたり、水夫さんという犬が犯人と疑われたり、平穏だった島暮らしに事件が起こり……
    最後はハッピーエンドだけどね。

    チョルベンという女の子はちょっとロッタちゃんみたいな雰囲気。毒舌。ムーミンのミーみたいでもある。

  • 家族で休暇をこんな所で過ごせたらいいね~、スウェーデンはいいね~

  • こどもの本。あの、ピッピでおなじみの、
    リンどグレーン作。
    なぜかお母さんがいない、母代りの姉マーリン。
    子供っぽい父親。
    わんぱくな息子たち。
    島のおちゃめな女の子たち。
    そして、つぎつぎ出てくるペットたち。
    あざらしっていうのが、すごい!
    何気にラストは、じんわり。

全5件中 1 - 5件を表示

リンドグレーンの作品

ツイートする