ヒナギク野のマーティン・ピピン (ファージョン作品集 5)

制作 : イズベル&ジョン・モートン=セイル  石井 桃子 
  • 岩波書店 (1974年12月6日発売)
4.00
  • (5)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001150858

ヒナギク野のマーティン・ピピン (ファージョン作品集 5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『リンゴ畑のマーティン・ピピン』から数年後。『リンゴ畑~』の娘たちはみな母親になっている。その子どもたちが寝入る前のひととき、マーティンが語るお話の数々。
    中学生の頃読んで「なんとなくイマイチ…」という印象を持ち、ずっと手に取っていなかった。そして、久々に読んだらやっぱりイマイチだったのだ。ファージョン大好きなので残念。
    ところで、本書について大きな記憶違いをしていたことが発覚した。個人的には大事件だ。
    長い間私は、ジリアンがとっくに死んでしまったと思いこんでいた。マーティンが忘れ形見である娘に物語を語る――ときに母親の思い出を交えながら――という話だとばかり思っていたのだ。マーティンと幼い娘が、今は亡き美しい人に抱くきらきらとした憧憬のイメージ。それこそが私にとっての『ヒナギク野のマーティン・ピピン』だ。なのに…ジリアンはピンピンしているのだ。全然違うぞ!
    この永の年月。『リンゴ畑~』を読みかえすたびに、いずれ死がふたりを別つこと、それによってこの恋が永遠の愛に昇華することを思って、ひそかにため息をついていた。あれはいったい何だったのか…。茫然自失。

  • 「ブックリサイクル」でGET

  • 「リンゴ畑」の続編だけど、これだけ読んでも大丈夫。

    時がたって振り返ったとき、思い出の中にきれいなヒナギク野があるといい。
    私の「ヒナギク野」のひとつは、まぎれもなくファージョンだ。

全3件中 1 - 3件を表示

エリナー・ファージョンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
ルーマー ゴッデ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒナギク野のマーティン・ピピン (ファージョン作品集 5)に関連する談話室の質問

ツイートする