ガラスのくつ (ファージョン作品集 7)

  • 岩波書店
4.15
  • (12)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001150872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ファージョンのシンデレラ。
    ディズニーみたいなひらひらした仕草でくるくる動く絵が浮かぶ。
    生き生きとしたキャラクターと美しい文章。

    過剰適応の良い子ちゃんっぽさをのぞかせつつも活き活きとしたエラが魅力的。
    なにもできないお父様が、己を恥じてなおやっぱりなにもできない弱い人であり続けることにイライラするけれど、あまりの子どもっぽさに嫌いになれない。
    王子様の気まぐれで仕事が増えてうんざりするお城の人がやけに人間くさくて楽しい。
    好き好きいってるくせにお姫様がどんな人だかすらろくに答えられない王子様はどうしようもないけれど、どうしようもなさがきちんと描かれているのがいい。
    そんで道化ー!!!!報われて欲しい。報われてるのかもしれないけれど、評価されて欲しいと願ってしまう。

    王子を言祝ぐうただけはちょっとひいた。「きみの命は八千代まで」ってあれだろ。いやでもあえてなのかな。


    この物語はとてもよくできていて、文句なく名作で、好みから言っても★5に値する。
    ただ、「心の醜さ」と「見た目の醜さ」がイコールで、ゆえに醜いものはひどい扱いをされても当然な王宮の描写やお母様の描写が気になる。

    良い娘は醜いものにも親切でなければいけない。
    醜い年寄りに親切にすればごほうびに夢をかなえてもらえるし、醜いカエルにキスをすれば王子様が手に入る。(まあ、床に叩きつけるケースもあるけれど)
    だけど王子様は間違いだろうが真実だろうが、「本物」の美しいお姫様を選ぶことが許される。
    いじわるなままはは(や姉)は醜いから醜い悪いもののまま。姫の慈悲以外の許しを得ることはない。

    時代や世代を考えれば差し引ける「瑣末なこと」なんだけど、それでも、「ジロジロ見ないで」を読んだ後では容認できない。
    本当にすごく大好きだけど私はこの本に★5の評価をつけるわけにはいかない。

    2011/03/04 再読

  • 基本図書、手にする機会があって読んだ。

    「シンデレラ」の昔話がもとになったもの。
    エリナーが弟のハーバートとの合作で劇にしたものを、物語に書きかえた作品。

    「6 そだにたきつけ」で、エラがおばあさん(妖精)と出会ったところ、鳥肌がたちました。
    シンデレラを知っている人は、このおばあさんがシンデレラを助けてくれる魔法使いだと気づくはずです。
    小学生以上は魔法を信じていないと思いますが、それでも、現実と夢のあわい、ファンタジーを感じる心を持っています。
    その心のやわらかいところに響いてきました。
    ちなみに、そだというのは、切り取った木の枝、薪になるものだそうで、今回初めて知った単語でした。

    私がシンデレラを知ったのはディズニーの漫画映画のビデオで、大人になってからマーシャ・ブラウンの絵本『シンデレラ』をみたときも、すてきだなあと思っていました。
    そして最近、ディズニーの実写映画をテレビでみて、シンデレラが「エラ」という名前の女の子で、シンデレラは「灰かぶり」だということを知ったのでした。
    『世界のシンデレラ』(川田雅直、PHPエディターズ・グループ、2019年)をぱらぱら見てみたところ、シンデレラの話が世界各国にある、日本では坪内逍遙が「おしん」として翻案したなど、「へえ!」なことが紹介されていました。

    話がそれましたが、この『ガラスのくつ』は読みやすかったです。
    約300ページありますが、細かく30章にわかれているし、シンデレラを知っているので安心して読めます。
    自分の知っているシンデレラのエピソードと異なる細部に気づくのも楽しいし、エラの挿絵がかわいい。
    ときどき劇を彷彿とさせる詩の部分が物語の差し色になっています。
    ディズニーのシンデレラでは、シンデレラがひどい扱いを受け入れているのにいい子なのが信じられないと思っていたので、この物語のエラがいい子すぎない描写があるのもいいと思いました。
    ほか、王子以外のキャラクターの印象がみな強く、道化が不思議で憎めないキャラクターでした。

  • シンデレラを題材にした戯曲を本に書き直したものらしい。出てくる男性キャラが全員ぼんくら(失礼)でイライラしたのを除けば可愛らしい本。

  • ペローのシンデレラをもとに、エリナーが作り出した

  • シンデレラです。

  • 小さい頃大好きだった童話の再読。シンデレラのストーリーだけど、ファージョンのお話はキャラクターが生き生きしていて、食べ物の描写もおいしそうで、小さい頃何回も読んだ。再読したけどやっぱりよかった。

  • 実家に帰ったついでに、気に入った本を数冊持ち帰ってきた。タイトルから見てわかる通り、『シンデレラ』のお話である。<br>

    <br>お話自体は『シンデレラ』なのだけど、定番の暗くて説教じみたシーンは全くない。喜劇的ファンタジーミュージカル仕立てに書かれていて、今思い出しても浮かれた気分になる。多分、大人が読んでも楽しい。積ン読になっているのが落ち着いたらこれを読むのだ。楽しみなのだ。<br><br>

    主人公の名前は”エラ”という。よく知られているシンデレラは真面目で一途で暗くって、って感じだけど、エラは明るくて前向きで気だてのよい子だ。継母や義姉妹にいじめられるのは一緒だけど、エラはメソメソ泣いて日々を送ることはしない。家事をしながら鼻歌を歌ったり、ほうきと一緒に踊ったりする。朗らかで楽しい子なのだ。<br><br>


    継母は実は頭がはげだったり、二人の意地悪な姉も一人は太っちょ、一人はガリガリで甘えん坊のわがまま娘という設定になっています。 そして何をするにも、二人の姉はドタバタ・ドタバタと大騒ぎで、そのけんかがまた子供っぽくて身近に感じ、思わず笑ってしまいます。<br><br>


    そうそう。エラのねーさんたちはガラスの靴を何とか履こうとすったもんだするのだけれど、靴べらを使う下のはともかく、上のはかかとに石鹸を塗るのだ。<br><br>

    ところどころ歌が出てきたり、韻を踏んだリズミカルなセリフが出てくるのも楽しい。とてもチャーミングな本で、これオススメなの。<br><br>

    ちなみに、あたしが持ってるのはこんなステキな装丁の本ではなくて、いかにも児童文学全集ですみたいなやつ。最近の本はカコイイね。
    <br><br>
    【 関連 】<br>
    <b><a href="http://homepage2.nifty.com/osiete/seito21.htm" target="_blank">■シンデレラの本名</a></b>

全9件中 1 - 9件を表示

エリナー・ファージョンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×