どうぶつのこどもたち (岩波の子どもの本)

制作 : 石井 桃子  石井 桃子  チャルーシン  レーベデフ 
  • 岩波書店
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (58ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151077

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物の親も色々ねー

  • 石井桃子の日本語は美しい。
    たぶんロシアの絵本?原著も読みたいな。

  • 有名どころで気になっていたので、図書館で借りた。

    おりのなかのこども・めんどりと十ぱのあひるのこ・ばかなこねずみ

    小さい頃は立場を気にせずにいられるのに、大きくなるとそうはいかないのは、なぜだろう。
    それはいいことなのか、もったいないことなのか。
    「とらのこ」はかわいいし、「えすきもーの いぬ」はブラック・ユーモア。

    血が繋がっていないということを、感じる。
    子が幼いうちは親が気を揉む?
    でも血が繋がっていなくても、親が子を思う気持ちは同じ、母は強し。

    ばかなのは、こねずみだったのかな?
    親子でばかだったんじゃないだろうか。
    馬の絵が美しい。
    かます、ソビエトではメジャーだったんだろうか。

  • 可愛くて楽しいけど、読み聞かせには向いてないかと思います。

  • 1954年9月1日

  • 「おりのなかのこども」「めんどりと十ぱのあひるのこ」「ばかなこねずみ」の3編が収録されています。

全6件中 1 - 6件を表示

どうぶつのこどもたち (岩波の子どもの本)のその他の作品

どうぶつのこどもたち (ソビエトの子どもの本シリーズ) 大型本 どうぶつのこどもたち (ソビエトの子どもの本シリーズ) サムイル・ヤーコヴレヴィチマルシャーク

サムイル・ヤーコヴレヴィチマルシャークの作品

ツイートする