おそばのくきはなぜあかい―にほんむかしばなし (岩波の子どもの本)

著者 :
制作 : 初山 滋 
  • 岩波書店
3.68
  • (6)
  • (8)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151084

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/03/12

  • 手軽に読んでびっくり、今まで気にしたこともなかったような事にこんな理由があったなんて。(科学的な話とかおいといて)
    植物のそばの茎がなぜ赤いのか?
    獅子舞の首がなんで赤いのか?
    海のお水はなんでしょっぱいか?
    正直想像していたのと違うのもあったので、こういう言い伝えもあるのかと思い面白かったです。

  • 低学年から中学年くらいまで対象で読んできました。
    いずれもよく聞いてくれます。
    短い話なので、時間調節に丁度いい。

  • 『改訂新版 私たちの選んだ子どもの本』で知り、図書館で借りた。

    日本昔話
    ・おそばのくきは なぜ あかい
    ・おししのくびは なぜ あかい
    ・うみのみずは なぜ からい

    表紙と同じ調子で見返しにも「なぜ」があったので、もしかして「なぜ」という問いかけだけの本なの?、と、ひやり。
    答えのようなおはなしを自分で考えて楽しむ趣向の本だったら、骨が折れる。
    と思いつつページをめくったら、そうではなく安心した。
    おもしろいのだけれど、植物のそばや獅子頭を、現代っ子が知っているんだろうか。
    私でさえ、馴染みがない。
    初山滋さんの絵がずっと気になっていたけれど、ちょっと難しい。

  • [ 内容 ]
    語りつがれた日本の民話の中から《なぜ》のおはなし3つ。
    「おそばのくきはなぜあかい」「おししのくびはなぜあかい」「うみのみずはなぜからい」。
    初山滋氏の美しい幻想的な画面が子どもの夢を広げます。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 私たちの国に伝わるなつかしい昔話の中から選んだ「なぜ」「なぜ」「なぜ」のお話3つ。おそばはおじいさんを背負って冷たい川の向こう岸まで渡ったから足が冷えて赤くなったのよ。

  • ちょっとシュールでこわ面白いお話。

  • 2013年10月26日

  • 初山滋さんの絵がとってもすてき。

  • たのしいなぜ?について答える昔話が3つはいった絵本。どれもコミカルで楽しいお話ばかりでした。

全11件中 1 - 10件を表示

石井桃子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
なかがわ りえこ
A.トルストイ
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする