まいごになったおにんぎょう (岩波の子どもの本)

制作 : エドワード アーディゾーニ  石井 桃子 
  • 岩波書店 (1983年11月15日発売)
4.05
  • (9)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 75人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151442

まいごになったおにんぎょう (岩波の子どもの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • MOE2012.5月号にて。

  • 申し訳ありません、現在品切れ状態です。
    購入できません。20130618
    復刊ドットコム
    http://www.fukkan.com/

  • あるところに、ちいさいおにんぎょうがいました。
    でも、もちぬしの おんなのこは にんぎょうなんか すきではありませんでした。

    もちぬしのおんなのこと はぐれてしまったおにんぎょう。
    おにんぎょうは、もちぬしのおんなのこから「みっともない!」といわれたり まいごになってしまったことがかなしかったのです。

    おにんぎょうがまいごになってしまった、スーパーの冷凍庫のなかはとてもさむくて きけんがいっぱい。

    おにんぎょうは きょうがもういく日なのか わからなくなりました。

    ある日ふとうえをみあげると そこにしらないおんなの子がみえました。

    しらないおんなの子は、おにんぎょうのために オーバーとぼうしをプレゼントしました。

    あたたかいふくをきると、おにんぎょうはずっときぶんがよくなり、じぶんのことを かんがえてくれるひとのことをおもって、しあわせなきもちになりました。

    おんなの子は、スーパーのれいとうこにすむおにんぎょうとなかよしになりました。

    そしてある日。
    おにんぎょうはおんなの子のうちにつれてかえってもらいました。

    おんなの子はおにんぎょうをかわいがり、たくさんあそんでくれました。
    けれどもおにんぎょうがだいすきだったのは、ほかのおにんぎょうとあそぶことでした。
    ほかのおにんぎょうは、おにんぎょうの冷凍庫でのぼうけんのはなしを、とてもよろこんできいてくれたからです。

  • 冷凍庫の中に落っこちたおにんぎょう。どうなるのかと、心配、わくわくしながら読みました。

  • <a href="http://pictbook.seesaa.net/article/26237119.html">愉しきバーコード・ワンダーランド(続きを読む)</a>

  • 女の子がマッチ棒の箱でベッドを作ってあげるシーン、だいすき。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

まいごになったおにんぎょう (岩波の子どもの本)に関連する談話室の質問

ツイートする