ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)

制作 : H.A.レイ  光吉 夏弥 
  • 岩波書店
3.72
  • (28)
  • (19)
  • (54)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 256
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151503

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018年2月蔵書ランキング第12位
    しめじソートの手法(マージソート)を利用して作成した、3歳児本人による「今読みたい本ランキング」です。(プロフィール参照)

  • わがやで二冊目のじょーじのおはなし。パズルの欠片を喉につまらせて入院するじょーじとともに、病院で働く人や入院生活に親しめるお話。

  • 693
    4y2m
    長い。のに、よくついてくる。すごいなぁ。

    ほかのじょーじを返しても、これは残してっていうくらい、好きみたい。よかった!

  • [墨田区図書館]

    久々の図書館で今回乱読したのはこのシリーズ。最初は5冊ほど、そのうち書棚からあるだけ全巻出してきて読んでいました。

    やはりテレビアニメでやっているから幼児向けするとはいえ、幼児に読むには割と字もストーリー性もある絵本だし、今ぐらいに自分で読むとより楽しいかも。今回読んだ中の一冊は2011年に読んでいるけど、感想に「テレビでは大好きなジョージなのですが、絵本だとあまり面白くなかったのか、反応はイマイチでした。」と書いてるもんなぁ(笑)。シリーズの雰囲気も展開パターンもよくわかっているので、遅れて追い読みする際には本当にあらすじ捉えのみ。7札くらい

  • 2016.5   市立図書館

  • 大好きなおさるのジョージ。
    私の子どものときに買った本を娘もわくわくしながら読むうれしさ。
    自分で選んだら本屋さんのおばあさんに、「これ、こどもはみんなすきよ」と言ってもらった。
    「はめえ」って「パズル」だね!との娘の発見。

  • 200

  • あやまってパズルを飲み込んでしまったじょーじが入院します。あいかわらずのやんちゃぶりですがそのおかげでかなしがりやの屋のべっちぃを笑わせます。その明るさがとても楽しいです。

  • 大事なハメ絵の1ピースはどこに?

  • さるのジョージのものがたり。
    びょういんにいきます。
    ほのぼのとした、ゆったりとしたものがたり。
    きいろい ぼうしの おじさん は、だれなんでしょう。 

全22件中 1 - 10件を表示

ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)のその他の作品

マーガレット・レイの作品

ひとまねこざるびょういんへいく (岩波の子どもの本)を本棚に登録しているひと

ツイートする