名馬キャリコ (岩波の子どもの本)

制作 : バージニア・リー・バートン  せた ていじ 
  • 岩波書店
3.96
  • (10)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (58ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 躍動感がすごいの。めでたしめでたしでよい気持ちになれます。

  • 西部劇に出てくるような世界が舞台のお話です。
    3才の男の子にはちょっと長いかなと思ったのですが
    ストーリーが面白いらしく、毎晩読んでとせがまれます。

    お話が3部構成のような印象なんですが、きちんと筋道が通ってるし
    挿絵がさすがバージニア・リー・バートンといった感じです。

    ストーリーでも、デザインでもすばらしい作品と思います。

  • 名馬キャリコとそのカウボーイ、ハンクが悪漢5人から村を守る。

    言葉の語調がよくてテンポがいい。

    最後には悪者5人はクリスマスに子供たちに優しくするほど改心する。
    ハンクはキャリコと息が合っているけれど、キャリコの方がメインでキャリコが悪者を退治したという感じ。

  • ドラマのあるいい作品でした。
    「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」みたいなモノトーンの挿し絵もとても素敵だったけれど、
    なにより瀬田さんの訳が最高です!
    「あっかん」なんて言葉、ひさびさに聞いたし、そのあっかんたちのネーミングも素敵で、ひとつひとつ言葉がリズミカルで、けっこう文の長い絵本なのに、ちっとも中だるみしませんでした。
    早く娘が楽しめる年になるといいな!

  • カウボーイと馬が出て来る
    男の子が大好きそうなストーリー
    絵は版画?でモノトーンで描かれているけれども
    躍動感、勢いが感じられる。

  • [ 内容 ]
    名馬のキャリコは、仲よしのカウボーイの少年ハンクといっしょに、牛をぬすんだ5人組の悪漢どもを相手に大活躍。
    四コママンガふうの楽しい絵本。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 絵本というよりコミックみたい。
    それも、昔の手塚治虫みたいな…。時代的には絵本の方が先だと思うけど。正義が勝つ、というシンプルな構成が安心して読めるし、ホッとする。

  • まず、せたていじさんの訳がいいねぇ。日本語の教科書にしたいくらい。

    バートンの絵もモノトーンにもかかわらず、ダイナミックな版画のようで冴え渡っています。この絵によって、あらゆる可能性を絵本に感じられるます。

    そして、ストーリーは悪人たちをも更正させてしまう名馬キャリコの賢さで結ばれます。バートン作品は、人間以外の存在にたましいと可能性を見出す視点がありますね。

  • 漫画のように絵のカット割が多い。
    名馬キャリコが悪漢たちの悪事をあばき、制裁する。最後には悪漢たちが改心する。
    「ばらしやボーンズ」「へびの目パイゾン」「はげたかベイツ」など、みんな名前の前に呼び名が付いているのがかっこいい…

全9件中 1 - 9件を表示

バージニア・リー・バートンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
マージェリィ・W...
ばーじにあ・りー...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

名馬キャリコ (岩波の子どもの本)に関連する談話室の質問

ツイートする