なつのゆきだるま (岩波の子どもの本)

制作 : マーガレット・ブロイ・グレアム  ふしみ みさを 
  • 岩波書店
3.57
  • (4)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001151596

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだか妹に話した作り話を思い出した

  • [ 内容 ]
    冬の終りに庭の小さな雪だるまを冷凍庫にかくしてしまったピーター。
    雪だるまが急に消えて不思議がるお兄ちゃんをよそに、〈夏に雪だるまを見る会〉を思いつきます。
    アメリカの名コンビによる楽しいお話。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 子どもの発想が上手に生かされたストーリー運びで大変ほのぼのしていて素敵。

  • 2010年6月25日

    <THE SUMMER SNOWMAN>

  • 読み聞かせ8’20
    遠目がきかないが少人数の読み聞かせには使えると思います。
    夏に読むべきかやはり冬か迷います。
    最後に男の子がはらばれと花火を見られるように気持ちが切り替わる瞬間をどう読んだら良いか考えます。

  • あるふゆの日にゆきだるまを作りました。
    ゆきだるまが月の光でとけてしまうと思った弟は、夜中こっそりとゆきだるまを冷凍庫に隠してしまいます。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

アメリカ・ニューヨーク生まれ。ニューヨークのプラット・インスティテュート卒業後、出版社で広告デザイナー・編集者を経て、フリーライター・デザイナーとして活躍した。1952年にデビュー作品である妻グレアムとの共作『ほら なにもかも おちてくる』(本作)がコルデコット・オナーを受賞。『どろんこハリー』(福音館書店)、『はちうえはぼくにまかせて』(ペンギン社)など沢山の作品がある。1975年没。


「2017年 『ほら なにもかも おちてくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジーン・ジオンの作品

ツイートする