πの話 (岩波科学の本 12)

著者 :
制作 : 村田 道紀 
  • 岩波書店
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001152029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世の中で最もシンプルな形である
    円とか球にまつわる話に無くてはならないのが
    円周率を意味する《π》なのですが
    割り切れた答を得られず循環もしない3.14159・・・
    と永遠に続くだろうと思われる数字が並ぶ
    円の直径と円周の長さは比例している
    円周=π3.14✕直径

    円の性質は中心を通る線の全てが対称となること
    ちなみに正三角形ならば三本しかないし
    正方形ならば4本しかない
    又面積で考えると外周お同じとする形で
    最も面積の大きいにが円で
    最も体積の大きいのが球だ

    メートルの基準は
    北極から赤道までの円弧を10,000kmとして決めたので
    10,000万分の1が1mになる
    地球の円周は40,000kmになる
    地球の半径は≒40,000÷2π=6,370km
    エベレストの標高が9km弱だからほとんど影響しない

  • 高校生の以来の再読。中学生向けにこれだけ高度なことが書かれた時代があったのだ。ほんとうによく書けていて感心した。
    最近、岩波現代文庫で復刊されたようだ.

  • 円周率ってどうやって計算するんだろう?

    子供の算数教えながらふと疑問に思って図書館で探した中学生向けの本です。
    ギリシャ時代から千数百年に渡って天才たちがこの難問にどう取り組んできたのか、物語と数式を織り交ぜて、なかなか面白いです。

全3件中 1 - 3件を表示

πの話 (岩波科学の本 12)のその他の作品

πの話 (岩波現代文庫) 文庫 πの話 (岩波現代文庫) 野崎昭弘

野崎昭弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする