だれが原子をみたか (岩波科学の本)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001152074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか読みづらかった
    『熱学思想の史的展開』とか『原子論の歴史』
    とかの方が面白かったな

    数学の語源がギリシャ語で
    ”理解できるもの”というのは知らなかった

    引用した文章も良かったなー

  • 「物理なぜなぜ事典〈1〉力学から相対論まで」などの入門的な書籍から、大学生向けの教科書をたくさんかかれ著者の古典的な作品。

  • 原子論が確立するまでの歴史を実際行われた実験などを通して丁寧に、生き生きと描きます。水とホースを使って、トリチェリの真空を実際に作る再現実験は秀逸。
    興味のある中学生から大人まで。

    復刊されたものの、既に売り切れ状態。

    私は、高校の図書館でこの本に出会いました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

学習院大学名誉教授

「2017年 『電磁気学 第2版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

だれが原子をみたか (岩波科学の本)のその他の作品

江沢洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする