しきしきむらのはる (しきしきむらのはる・なつ・あき・ふゆ)

著者 :
制作 : 山村 浩二 
  • 岩波書店
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001153071

作品紹介・あらすじ

はる はる はる はるは あったか ぽっかぽか、あたりいちめん ぽっかぽか…しきしき村に暮らすイヌ、ネコ、カメ、カタツムリのなかよし4人組といっしょに春の音や色を楽しむ絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 春は、何となくうきうきするわね〜

  • はるを感じるいろいろなものがつまっています。

  • たけのこごはんに豆ごはん!

    春が待ち遠しくなる~
    春いいなー
    はやく春にならないかなー

  • 購入日:----/--/--
    読了日:2010/12/03
    立ち読み。

    NHKのみんなの歌のアニメーションにありそうな感じ。
    絵は好き嫌い分かれそうで、あんまり好きじゃないんだけれど、文章はテンポがよくて、春らしさが伝わってきそう。

  • 夏に続いて春も読みました。かわいい感じ、子供と一緒に指さして解説したりして。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

詩人、児童文学作家、翻訳家。
詩集、エッセイ集のほか、創作絵本、絵本の翻訳も手掛けている。
絵本作品に「しきしきむら」シリーズ(岩波書店)『おはようきょうりゅう』(教育画劇)「ちょろちょろかぞく」シリーズ(理論社)など。
主な訳書に『ちょっとだけまいご』『どうするジョージ!』(以上、BL出版)、『ヨセフのだいじなコート』(フレーベル館)『ピッツァぼうや』(セーラー出版)等多数。


「2017年 『おなじそらのしたで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木坂涼の作品

ツイートする