みつばちのミレイユ (にわの小さななかまたち)

制作 : Antoon Krings  奥本 大三郎 
  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001153248

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みつばちのミレイユのはちみつとキャンディがなくなる。
    犯人を捜しまわって戻ってくると、ベッドの上にいらずら小人が寝ている。
    いたずら小人の仕業だと分かり、おどかすと、帽子靴鈴を落としていく。
    ミレイユは小人のとんばり帽子や鈴が気に入るのだった。

    ウンガロのデザイナーだとか。
    ウンガロって何だろう。
    ちょっと調べたところだと、ブランド?

    レビュー登録は17日だけれど、読んだのは16日。

  • 訳のため、ちょっと腑に落ちないところもあるが。みつばちなのに、単独行動なのは?など。
    また、小人がわすれものをしていくのも?

  • 外国の絵本らしく色彩豊か。話はよくわからないが…。

全3件中 1 - 3件を表示

アントゥーン・クリングスの作品

みつばちのミレイユ (にわの小さななかまたち)はこんな本です

ツイートする