丘の家のセーラ (ヒルクレストの娘たち 1)

制作 : Ruth Elwin Harris  脇 明子 
  • 岩波書店
4.14
  • (6)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しばらく前に読了。「ヒルクレストの娘たち」シリーズ第1巻。
    両親を相次いで亡くした7歳の少女セーラの、1910年からの10年を描く。冒頭は自殺した母の喪に服すため、洋服を黒に染める場面で、展開も途中から第一次大戦に巻き込まれていくので、常にどこか重苦しい雰囲気をまとっている。遺されたヒルクレストの家に姉三人と暮らし、いつでも子ども扱いされ、ときに劣等感にさいなまれるセーラ。その彼女の視点で、第二の家族であるマッケンジー家の人たちとのかかわりを軸に、ヒルクレスト周辺に起こる出来事がやや断片化されつつ語られる。セーラにわかる以上のことが徹底的に出てこないのがよかった。
    シリーズ続巻は四人姉妹それぞれの視点で描かれているもよう。この巻だけではよくわからなかった点が、他の巻で補完されるといいな。

  • パーセル4姉妹の末っ子、セーラの7歳から17歳までのお話。

    姉のフランシスを一途に愛する青年ガブリエルを兄のように慕うセーラ。
    幼いが故にそれが愛であることに気づくことのできないセーラは、姉たちのような「大人」になりたいと願い、そして「大人」になるにつれ、ガブリエルを心から愛していることを思い知る。

  • ヒルクレストの娘たち1。
    パーセル家の四女セーラの7歳から17歳までの十年を描く。

全3件中 1 - 3件を表示

丘の家のセーラ (ヒルクレストの娘たち 1)のその他の作品

The Silent Shore ハードカバー The Silent Shore ルース・エルウィンハリス
Silent Shore (Sisters of the Quantock Hills) ペーパーバック Silent Shore (Sisters of the Quantock Hills) ルース・エルウィンハリス
Silent Shore (Quantocks Quartet) ペーパーバック Silent Shore (Quantocks Quartet) ルース・エルウィンハリス

ルース・エルウィンハリスの作品

丘の家のセーラ (ヒルクレストの娘たち 1)に関連するまとめ

ツイートする