こわがってるのはだれ?

制作 : ピーター・メルニチュク   Philippa Pearce  高杉 一郎 
  • 岩波書店
4.09
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001155211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大おばあさんの100歳の誕生日に招かれた,仲の悪いいとこ同士の少年ふたりが古い屋敷の中でかくれんぼをして体験した恐怖の瞬間……スーパーナチュラルな手法で描かれた,世にもふしぎな11の物語.

  • スーパーナチュラルを通してこそ人間世界の機微を深く探ることが出来るというピアス。その気負いに負けない名作です。
    特に子供・動物・老人を描く中に素晴らしいものがあると感じるピアス作品ですが、ラストの「黄色いボール」では牝犬の幽霊というちょっと珍しい設定を使いつつ、幼い姉弟の心の機微を描き出しており、深く心に沁み入りました。
    姉のほうが牝犬を哀れに思う感情は大人でもなかなか持つことが出来ない「共感力」ではないかな、と思います。
    「黄色いボール」を再び牝犬に返してやることが出来た瞬間の描写はとても感動的でした。

  • この本の怖いお話も、ただ怖いだけでなく昔話的に人生を教えてくれているような気がします。

  • 20120814

  • なんといっても冒頭に入っている「クリスマス・プディング」の話は本当に怖い。人間の心に巣食うまがまがしいもの、いじけきり、嫉みから生まれ出でるものの怖さ。 だけれど、時折この本が無性に読みたくなるのは、なぜなんだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1920-2006。イギリスの児童文学作家。『トムは真夜中の庭で』(岩波書店)でカーネギー賞を受賞。短編の名手としても知られ、「二十世紀の児童文学作家の中でもっとも優れ、もっとも愛された一人」と賞賛された。

「2018年 『コクルおばあさんとねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フィリパ・ピアスの作品

ツイートする